現在、家作りを進行中の皆様。 夢が広がり、ウキウキワクワクしていますか?
    もしも、不安やストレスでヘトヘトだったり、がっかりして気分がへこみそうだったりしたら家づくりの方法が間違っているかもしれません。
    一生に何度もない家作り、肩に力が入り過ぎ、Web、雑誌、ハウスメーカーなど膨大な情報に翻弄され、当初の想いと異なる方向に迷い込むこともよくあります。
    スタート地点であれば軌道修正はさほど難しくありません。計画中ならなおさら。
    家づくりの中心に自分や家族の一番大切にしたい事を、きちんと据えることです。
    「 大切なことは何ですか? 」 それが決まったら言葉や絵やイメージ写真という形で具体的に表現してみることです。
    同じような土地の広さや予算であっても夢がかなう方とかなわない方がいます。
    この「Lesson」では、多くの皆様に夢をかなえる家づくりを現実のものとしていただくための、具体的な情報を提供して参りますので、ご参考になれば幸いです。



    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

    category: スポンサー広告

    TB: --    CM: --

    --

    ほっこりとカボチャ 


    一雨ごとに秋が深まる今日この頃ですね。
    今年は秋が深まるスピードが速い。
    寒がりの私なので、森オフィスは、暖房入れてます。

    何か、ほっこり、あったかいもの欲しいです。
    ブラブラと街へ。

    IMG_3954.jpg

    街はハロウィーンに向けカボチャが
    たくさん売られています。
    そうだ、これですね〜

    IMG_3963.jpg

    小さめで可愛い色をいくつか買い
    竹籠に入れて置いてみます。

    全部八ヶ岳辺りのおなじみのカボチャです。

    緑のカボチャは『坊ちゃんカボチャ』
    中身は鮮やかな黄色。程よい、ほくほく感。
    上品に味がまとまるので重宝します。
    味ではこれが一押しです。

    ひょうたん型のバターナッツカボチャは
    煮物だとちょっと水っぽい感じですが、
    スープにするときめ細やかでクリーミー。
    ミルクをたっぷり入れてこくを出す。

    黄色はコリンキー。
    生で食べます。コリコリ独特な歯触り。
    私は細く切って甘酢につけます。
    きれいな色のピクルスができます。
    日持ちもするので重宝します。
    彩りよく、キュウリ、大根、コリンキーを
    瓶詰めピクルスにしてお土産にすると、
    原価は100円くらいなのにすごく喜ばれます。

    IMG_3933.jpg

    去年、観賞用にオレンジ色のデカカボチャを買いました。
    冬中飾って楽しんで、そのまま庭に置いてたところ、
    ぺしゃんこになって土になってしまったのですが、
    その後で芽がでて ツルが伸びて 花が咲き、
    現在はこんな可愛い実がなりました。

    一見、普通の緑のカボチャですね。
    親は鮮やかなオレンジでしたが…
    これから,巨大になるのか,オレンジになるのか、
    しかし,もう寒い。どうなるのでしょうか。

    IMG_1045.jpg

    カボチャは見た目がよくても、
    味がイマイチってことってありますね。
    その場合は、ミルクで煮てスープにします。
    味付けは塩だけ(好みでコショウも)
    ありがたいことに冷凍もできます。

    こくが足りない場合は少しだけ、
    きび砂糖を加えます。
    少し肌寒い夜,ほっこり甘いカボチャスープ。
    あったまりますよ。

    IMG_3687.jpg

    かざっても可愛く、
    食べても美味しいカボチャ。
    冬に向けての必需品ですね。

    ID:avoud1

    Posted on 2015/09/25 Fri. 06:19 [edit]

    category: 家づくり Lesson

    TB: 0    CM: 0

    25

    N邸 小道風の玄関アプローチ 


    完成地点での写真は撮っても
    スタート地点での写真を
    あらかじめ撮れていることは少ないです。
    記事をまとめる時に『しまったビフォー撮っておけば』
    と思うことが度々。

    そんな私としては珍しいことなのですが、
    N邸では今年の一月の庭のスタートの写真が撮れていました。

    あぷろーち5

    それがこんな風になりました。
    撮影日は9月6日です。
    すごく良い感じになりましたね。

    初めてなのに、なつかしくてたまらない感じ。
    どこかで歩いたことのあるような気がします。

    あぷろーち2

    スタート地点では飛び石がむき出しになっていますが、
    今は低い丈の草でふんわりとおおわれています。
    『しつらえ感』はなく、素朴でナチュラル。

    塀の足元には細かい葉っぱの植物がこんもり。
    スタート地点では工作物らしかった塀が
    地面とつながって やさしい感じにまとまっています。

    このところの雨模様の天気は英国っぽくて、
    イングリッシュガーデン系の植物にはうれしい気候だったかも。
    銀灰色中心の緑がしっとりとうるおっています。

    N邸は、『旗竿敷地』です。
    竿の部分をこの素敵なアプローチガーデンにしました。

    名越邸プラン24116

    最初に敷地を見た時に既にこのアプローチイメージが
    Nさんにはあったそうです。衝動的に購入決定とのこと。

    玄関ドア付近も庭スタートの1月の写真が撮れてます。

    玄関前

    今は,こんな風になりました。

    玄関ドアは気密性を考えてスチール製
    ナチュラル感を出したくて表面に板を貼りました。

    玄関

    途中にあるパーゴラも今はたっぷりの緑に足元が
    すっかり埋まっています。

    パーゴラ

    イメージが形になったNさんの庭を歩くと、
    『熱意があれば思いはかなう』という実感が湧いてきます。

    ゼロスタートから刻々と成長していく庭を眺めて過ごせた
    Nさんの9ヶ月はすごく楽しかっただろうな〜と思いました。

    ID:avoud1

    Posted on 2015/09/16 Wed. 15:23 [edit]

    category: 家づくり Lesson

    TB: 0    CM: 0

    16

    プランはおしゃべり 


    プランを作るの大好きです。
    方眼用紙に鉛筆と消しゴムで描きます。
    ご家族のストーリーを思いながら、足したり削ったり、
    逆さまにしたり裏返したり。
    方眼用紙はよれよれに。

    プラン中の私にはちょっと近寄れないとのこと。
    独り言が出てるらしいです。(本人は気付きません)
    おしゃべりしているらしいですね、登場人物と。

    建築図になると、こんな味気ない線になります。
    プロとしては、CADでキチンと数字を入れないと
    工事の方が困るからしょうがないですよね。

    岩佐邸12:24 のコピー(ドラッグされました)

    ストーリーを想像ししている私の頭の中は、まさにこんな風。
    酒井葵さんが上手にイラストにしてくれました。
    シーンごとに登場人物を記入してくれたので、すごーい数。

    岩佐邸

    出来上がってお訪ねすると、
    当然、実物の登場人物があらわれます。
    想像した以上に舞台にしっくりきていて感動です。

    イメージしてた皆の笑い声やキッチンの料理の音が聞こえます。
    美味しそうな匂いもただよってくる。

    _DSC5402 のコピー

    現場ならではのサプライズもあります。
    この写真の岩佐邸はご主人手作りのキッチンですから、
    棚だって一本線では表せませんよ。
    少し、でこぼこして,ザラザラしてあったかいです。

    _DSC5421 のコピー

    建築をしていて本当にラッキーだなと思うのは、
    一つの物語を始まりから終わりまで
    登場人物とともに、味わえることですよね。

    魅力的な登場人物との出会いが我々のエネルギー
    感謝したいなと思う日々です。

    ID:avoud1


    Posted on 2015/09/08 Tue. 11:41 [edit]

    category: 家づくり Lesson

    TB: 0    CM: 0

    08

    ささやかな秋だより 


    こっくりとした紫色の山葡萄。
    シックでおしゃれなグラデーションに
    思わず足を止めました。

    IMG_9867.jpg

    こういう微妙な色合いは、野に育つもの特有。
    人工栽培になると美しい完成品になってしまい、
    面白みに欠けてしまいます。

    私は圧倒的にこっちの方に魅かれる。
    虫に食われているのもナチュラルで良い感じ。

    宝物をみつけたような気になりますね。

    IMG_9871 2

    こちらは、はにかむように始まった紅葉。
    『ちょっと早かった?』と戸惑う感じが印象的。
    緑の中に小さなポイントカラーです。


    IMG_9873.jpg


    アケビはみっしりとした実をつけました。

    IMG_9910.jpg

    皮が赤紫になってぱっくりとはじけ
    甘い白い実がこぼれると食べごろ。
    『甘いけど種が多くてねー。』
    とこぼしていたら…、農家のおばあが
    皮の方を使ったレシピを教えてくれました。

    実を食べて残った
    アケビの皮の内側に小麦粉まぶし、
    ひき肉を詰めてじっくり焼くのです。

    途中で、酒、みりん、砂糖、醤油をからませ
    照り焼き状態に。

    食べるとびっくり。
    皮から独特な『ほろ苦さ』が出て
    ねっとりとした食感とともに初めての味。
    アケビの皮は意外や大人の料理なんですね。
    ヤミツキになる人もいるとか。

    ツルごと部屋に持ち帰って階段に置いてみました。
    熟すのを見張るという作戦です。
    実は矢印のところです。

    IMG_9917.jpg



    ID:avoud1

    Posted on 2015/08/31 Mon. 10:49 [edit]

    category: 家づくり Lesson

    TB: 0    CM: 0

    31

    温かみのあるキッチンの背面の素材 


    ウエルカム型オープンキッチンは
    家全体の要となる位置にあり全てを見渡せます

    逆に言うと、
    様々な空間からキッチンが見えやすい。

    このような場面ではキッチンの背面の素材が
    大変気になるところです。

    コストかけないで
    外から背面を良く見える工夫をしたいものです。

    Y邸のケースをご紹介します。

    キッチン

    レンジ回りのカウンターはステンレス
    その正面は5センチ角のタイルです。
    火に関わるので燃えにくい材料で
    コストが抑えられる物をチョイスしました。

    一方レンジの左横は木の集成材でコストダウン
    ここは火や水に関わりの少ない部分です。
    だから、安心して木が使えるのです。

    ちなみに、木の素材は温かみもあり、好まれるのですが、
    火まわりでは『燃えやすい』
    水まわりでは『水分を吸って腐りやすい』
    というリスクがあります。
    それを考慮しつつ素材を選びました。

    キッチン収納

    集成材は木の様々な方向を組み合わせてはりあわせたもの。
    無垢に比べて、くるいにくく、値段も安い。
    しかし細い木を合わせているため
    ゴチャゴチャ感が出やすいです。

    それで、カウンター、正面の立ち上がり、オープン棚を
    お揃いの集成材にし、スッキリしました。

    少し見にくくなってしまいましたが
    Y邸のキッチンをイラストで解説するとこんな風です。

    キッチン図解

    おしゃれに背面を見せるには適度な『余白』が必要
    ギッシリ置かれると素敵な小物でもうっとおしい。
    そのためには下台の活用効率がポイント。

    Y邸は少しコストをかけて引き出しを多めにしています。

    鶴牧の家_41 のコピー

    オープンキッチンの背面の素材は
    家全体の雰囲気に影響力大です。
    どうぞご参考にされて下さい。

    ID:avoud1

    Posted on 2015/08/19 Wed. 17:21 [edit]

    category: 家づくり Lesson

    TB: 0    CM: 0

    19

    BS blog Ranking
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。