現在、家作りを進行中の皆様。 夢が広がり、ウキウキワクワクしていますか?
    もしも、不安やストレスでヘトヘトだったり、がっかりして気分がへこみそうだったりしたら家づくりの方法が間違っているかもしれません。
    一生に何度もない家作り、肩に力が入り過ぎ、Web、雑誌、ハウスメーカーなど膨大な情報に翻弄され、当初の想いと異なる方向に迷い込むこともよくあります。
    スタート地点であれば軌道修正はさほど難しくありません。計画中ならなおさら。
    家づくりの中心に自分や家族の一番大切にしたい事を、きちんと据えることです。
    「 大切なことは何ですか? 」 それが決まったら言葉や絵やイメージ写真という形で具体的に表現してみることです。
    同じような土地の広さや予算であっても夢がかなう方とかなわない方がいます。
    この「Lesson」では、多くの皆様に夢をかなえる家づくりを現実のものとしていただくための、具体的な情報を提供して参りますので、ご参考になれば幸いです。



    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

    category: スポンサー広告

    TB: --    CM: --

    --

    ダイナミック 2層の吹き抜け(構造体の魅せ方) by プランボックス 


    梁1

    2層の吹き抜けはダイナミックで
    空間の山場では効果的です。
    そして、斜め天井をそのまま見せて伸びやかさを
    表現したいという場面は多いのではないでしょうか?

    鉄骨造やRC造であればよいのですが、
    在来の一般的な木造の場合、どうしても大きな空間は苦手です。
    縦と横とをこまめにつなぎ、全体で支え合う力で支える構法だからです。
    具体的には梁(ハリ)、束(ツカ)、火打ち[梁]という構造体で支えます。

    では、どうするか?

    写真を見ていただくと中空に梁が飛び、そしてその上に束があり、
    又、梁の隅には火打ちがあります。
    これはデザインだけのためではありません。
    構造としてこの伸びやかさを支える縁の下の力持ち。

    もちろんこれが見える位置が空間の中で美しい位置にあって、
    また、効果的な演出となるよう、すごく考えます。

    構造のためだけとは思えないような存在となれば、
    成功!です。

    一度ご覧になっていかがですか?

    梁2


    梁3  梁4

     

    Posted on 2013/03/24 Sun. 05:00 [edit]

    category: 家づくり Lesson

    thread: 住宅・不動産  -  janre: ライフ

    TB: 0    CM: 0

    24

    コメント

    Comment
    list

    コメントの投稿

    Secret

    Comment
    form

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://planboxstyle.blog.fc2.com/tb.php/98-74bef8b8
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    Trackback
    list

    BS blog Ranking
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。