現在、家作りを進行中の皆様。 夢が広がり、ウキウキワクワクしていますか?
    もしも、不安やストレスでヘトヘトだったり、がっかりして気分がへこみそうだったりしたら家づくりの方法が間違っているかもしれません。
    一生に何度もない家作り、肩に力が入り過ぎ、Web、雑誌、ハウスメーカーなど膨大な情報に翻弄され、当初の想いと異なる方向に迷い込むこともよくあります。
    スタート地点であれば軌道修正はさほど難しくありません。計画中ならなおさら。
    家づくりの中心に自分や家族の一番大切にしたい事を、きちんと据えることです。
    「 大切なことは何ですか? 」 それが決まったら言葉や絵やイメージ写真という形で具体的に表現してみることです。
    同じような土地の広さや予算であっても夢がかなう方とかなわない方がいます。
    この「Lesson」では、多くの皆様に夢をかなえる家づくりを現実のものとしていただくための、具体的な情報を提供して参りますので、ご参考になれば幸いです。



    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

    category: スポンサー広告

    TB: --    CM: --

    --

    季節を楽しむコンサバトリー 

      コンサバトリーとはイギリスで誕生した温室 

    植物を冬の寒さから守るためのガーデンルーム。
    イギリスは、北海道より緯度が高い、つまり寒い。
    誰もが知っているイングリッシュ・ガーデン、
    つまりイギリス人は、とても 植物、特に花が好き。
    長崎のグラバー邸などが有名ですね。

    わがプランボックスのこのコンサバトリーは北側にあります。
    これが南だと  室温が上がり過ぎ、植物が枯れてしまうのです。
    イギリスの南側と日本の北側が調度似た気温のようです。
    今年は、大幅な改造を計画中。
    どんな風になるか楽しみでもあり、少し不安もあり、、
    植物はデリケート、人の愛情も感じるながら育っていきます。
    この写真は去年のものです。
    コンサバ0

    近年、設計した2つお宅のコンサバトリーも、以下にご紹介しますが、皆さん、自由なスタイルで楽しんでいます。
    季節の移ろい、涼しげな木漏れ日、あたたかな陽だまり、
    ゆったりと、植物と一緒に心を和まさせてくれる空間です。
                        プランボックス
    コンサバ1   コンサバ2 
    コンサバ3

    コンサバ4
     

    PS : ファッションで「コンサバ(ティブ)」とは、「伝統的・保守的」という意味ですが、イギリスの温室に関係するんだろうか?(事務担当)


     

    Posted on 2013/03/07 Thu. 06:00 [edit]

    category: 家づくり Lesson

    thread: 住宅・不動産  -  janre: ライフ

    TB: 0    CM: 0

    07

    コメント

    Comment
    list

    コメントの投稿

    Secret

    Comment
    form

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://planboxstyle.blog.fc2.com/tb.php/79-261e3085
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    Trackback
    list

    BS blog Ranking
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。