現在、家作りを進行中の皆様。 夢が広がり、ウキウキワクワクしていますか?
    もしも、不安やストレスでヘトヘトだったり、がっかりして気分がへこみそうだったりしたら家づくりの方法が間違っているかもしれません。
    一生に何度もない家作り、肩に力が入り過ぎ、Web、雑誌、ハウスメーカーなど膨大な情報に翻弄され、当初の想いと異なる方向に迷い込むこともよくあります。
    スタート地点であれば軌道修正はさほど難しくありません。計画中ならなおさら。
    家づくりの中心に自分や家族の一番大切にしたい事を、きちんと据えることです。
    「 大切なことは何ですか? 」 それが決まったら言葉や絵やイメージ写真という形で具体的に表現してみることです。
    同じような土地の広さや予算であっても夢がかなう方とかなわない方がいます。
    この「Lesson」では、多くの皆様に夢をかなえる家づくりを現実のものとしていただくための、具体的な情報を提供して参りますので、ご参考になれば幸いです。



    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

    category: スポンサー広告

    TB: --    CM: --

    --

    コスト・コントロールの鍵 Ⅳ             ・・・ 概算見積り後のプラン修正と本見積もり  


       プラン修正にあたって注意する点  

    予算に合わせ、概算見積りを修正、微調整して、本見積もりをとることになりますが、プラン修正の際に、もう一度 家づくりのスタート時点に立ち返り、自分と家族が望んだものが織り込まれているかしっかりと確認して下さい。
    見積りの項目は多く、混乱しがちで、チェックと修正は手間取るのですが、先にお話しした適正価格である坪50万円仕様との差額で特にオーバーしたものを見ると、意外と自分にとってすぐに必要でなく、なくてもあまり影響しないものが多くあるものです。
    当初絶対に必要としたものが入っているのかをしっかりと見極め、なくても大丈夫なものは、そぎ落とし、大切な部分にコストをかけるよう配分を調整し、見積もりを磨きこんでください。
    その家族だけのオリジナルな家づくりは、この見極めが大きなポイントなります。


       本見積りのチェックと最終調整  

    概算見積もりの調整と建築費以外にかかる費用の試算により、本見積もりについては、かなり現実劇なものになっています。ここでも微調整が発生します。

    なお、プランボックスでは、最初の概算見積りから本見積りまで、原則1社で行います。(相見積りはしない)
    理由は、適正価格としての坪50万円仕様の基準が明確になっているため、どの工務店にお願いしても、大きな差はないからです。それよりは、信用のおける工務店に最初からしっかりと情報を伝え、また、先方からの提案ももらいながら、柔軟によりよいものにするメリットが大きいからです。
    こうした明確な基準があるからこそ、施主の皆様は、透明性が高い中で、納得しながら予算内に収まるコスト・コントロールを実現でき、より価値の高い家づくりをすることができるのです。

       本見積もりの後での最終調整     

    予算支払総額に合わせて、本見積りを微調整しますが、予算に合わせたコスト・ダウンにより、当初希望したナチュラルな家にそぐわない、量産の普及品を使用せざるを得ない状況になることがよくあります。
    当初希望したナチュラルな家をあきらめるのか・・・、 

    そこでプランボックスでは、天然木が原料の下地用合板(ラーチ合板)や2×10工法の構造材(ツーバイ材)でつくりつけの家具を作るなど、コストと下げながらもなるべく自然素材を使用し、ナチュラルな家を実現するアイデアをご提案しています。 それについては、また、お話をさせていただきます。

    見ツモリ

    Posted on 2013/03/01 Fri. 14:11 [edit]

    category: 家づくり Lesson

    thread: 住宅・不動産  -  janre: ライフ

    TB: 0    CM: 0

    01

    コメント

    Comment
    list

    コメントの投稿

    Secret

    Comment
    form

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://planboxstyle.blog.fc2.com/tb.php/70-9b2e6fb0
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    Trackback
    list

    BS blog Ranking
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。