現在、家作りを進行中の皆様。 夢が広がり、ウキウキワクワクしていますか?
    もしも、不安やストレスでヘトヘトだったり、がっかりして気分がへこみそうだったりしたら家づくりの方法が間違っているかもしれません。
    一生に何度もない家作り、肩に力が入り過ぎ、Web、雑誌、ハウスメーカーなど膨大な情報に翻弄され、当初の想いと異なる方向に迷い込むこともよくあります。
    スタート地点であれば軌道修正はさほど難しくありません。計画中ならなおさら。
    家づくりの中心に自分や家族の一番大切にしたい事を、きちんと据えることです。
    「 大切なことは何ですか? 」 それが決まったら言葉や絵やイメージ写真という形で具体的に表現してみることです。
    同じような土地の広さや予算であっても夢がかなう方とかなわない方がいます。
    この「Lesson」では、多くの皆様に夢をかなえる家づくりを現実のものとしていただくための、具体的な情報を提供して参りますので、ご参考になれば幸いです。



    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

    category: スポンサー広告

    TB: --    CM: --

    --

    10年間の暮らしの変化を予測する  

    暮らしの変化に対応し、住みながらつくって行くことがおすすめ

    ステップ❸     ステップ❷     ステップ❶
    家の変化

    人の暮らしは、特に家族構成の変化で変わってきます。当然、加齢や経済状況の変化もあり、暮らしぶりが必ず変わります。
    とはいっても、20~30代の皆さんが、先の老後まで想定するには無理があり、趣味や嗜好、地域でのお付き合いも変化します。
    そこで、家づくりにおいては、10年単位で考えていくことが現実的と言えます。10年間楽しめるプランであれば、目標が明確になり、色んなアイデアも浮かんできます。設備機器についても10年前後の見直しサイクルが経済的と考えられています。
    そして、新築時にすべてを作るのではなく、家族の増加などの暮らしの変化に対応し、柔軟に作り続けて行く、つまり、改築する考え方が大切です。そうすれば、新築時にあれもこれも完璧にすることはなく、直近の10年間に集中して、より快適な家づくりが実現できるはずです。

    上の間取りの図は、はじめから増改築することを前提としてプランした住まいの例です。家族構成の変化に合わせて、居住スペースを増やし、より快適に住めるように工夫されています。言ってみれば「家族と一緒に成長していく家」というわけです。
    最初は、ご夫婦ふたり暮らしに最低限必要な要素だけを備えた、コンパクトなタイプのステップ❶でスタートです。延べ床面積が小さければ、その分コストを抑えられますから、予算が少なくとも無理なく建てられます。しばらくして、経済的に余裕が出てきたら、ステップ❷のようにデッキと寝室を増築。 リビングダイニングにもゆとりが生まれ、暮らしやすさがぐんとアップし、豊かな暮らしができます。子供が二人になったら、子供部屋を増築して、サニタリーも環境の良い南側に移動。(ステップ❸)。 家族みんなが暮らしを楽しめる充実したマイホームに仕上げていくのです。
    このように、新築時にすべて完璧につくり揚げる必要はないのです。 その時々の暮らし方、家族構成に合わせて、フレキシブルに住みこなせる工夫が大切です。
    新築時の予算が少ないなら、「いずれ経済状態が豊かになった時にリフォームすればいい」と割り切ってしまえば、肩の力も抜けて、今の暮らしをよりエンジョイすることができます。


     
    家族 木

    Posted on 2013/01/29 Tue. 16:42 [edit]

    category: 家づくり Lesson

    thread: 住宅・不動産  -  janre: ライフ

    tag: ナチュラル  自然素材    注文住宅  無垢  シンプル 
    TB: 0    CM: 0

    29

    コメント

    Comment
    list

    コメントの投稿

    Secret

    Comment
    form

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://planboxstyle.blog.fc2.com/tb.php/6-c45abe1d
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    Trackback
    list

    BS blog Ranking
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。