現在、家作りを進行中の皆様。 夢が広がり、ウキウキワクワクしていますか?
    もしも、不安やストレスでヘトヘトだったり、がっかりして気分がへこみそうだったりしたら家づくりの方法が間違っているかもしれません。
    一生に何度もない家作り、肩に力が入り過ぎ、Web、雑誌、ハウスメーカーなど膨大な情報に翻弄され、当初の想いと異なる方向に迷い込むこともよくあります。
    スタート地点であれば軌道修正はさほど難しくありません。計画中ならなおさら。
    家づくりの中心に自分や家族の一番大切にしたい事を、きちんと据えることです。
    「 大切なことは何ですか? 」 それが決まったら言葉や絵やイメージ写真という形で具体的に表現してみることです。
    同じような土地の広さや予算であっても夢がかなう方とかなわない方がいます。
    この「Lesson」では、多くの皆様に夢をかなえる家づくりを現実のものとしていただくための、具体的な情報を提供して参りますので、ご参考になれば幸いです。



    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

    category: スポンサー広告

    TB: --    CM: --

    --

    土間マジック 

    家づくりレッスン[プラン成功のコツ]

    🔴土間マジック

    前回の記事でプランにゆとりを持たせるために
    『玄関を無くする』という発想をご紹介しました。

    今回は玄関のたたき部分を廊下と合わせて『土間』にしつらえ、
    狭い玄関に『ゆとり』を生みつつ、来訪者もちょっと驚く
    『土間マジック』をプランに取り入れた方のご紹介です。

    小林 写真


    和室1コピー


    通常、たたき、ホール、廊下、と経て部屋に入りますが。
    小林邸では、たたき土間から部屋に直接入ります。
    ホールと廊下を取り込むことで玄関に『ゆとり』が生まれます。

    平面図で『通り土間』と表記している部分は通常は廊下。
    そこを土間コンクリート仕上げにして下足部分を延長。
    金額もほとんど変わりません。
    コツは幅が細いのでプレーンな素材の床にすること。
    小林邸ではパインの床に合う土間コンクリートにしました。
    小林邸1階 のコピー 3
    そして、土間に面し一面の引き込み建具を奮発。
    床から天井までの建具はちょっと高めですが費用対効果はあり。
    襖紙はあえて壁と同色の和紙にしました。

    建具を閉じると表情が変化し、別の家のようです。
    部屋も玄関と切り離され落ち着きます。
    閉じた状態が下の写真。

    閉じた

    建具を開いて、部屋と一体になった土間で酒盛り。
    閉じると細長いギャラリー。
    どんな空間に出会えるか来客者もワクワク。
    『土間マジック』は大変好評のようです。

    ID:avoud1


    Posted on 2018/01/06 Sat. 21:54 [edit]

    category: 家づくり Lesson

    TB: 0    CM: 0

    06

    コメント

    Comment
    list

    コメントの投稿

    Secret

    Comment
    form

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://planboxstyle.blog.fc2.com/tb.php/503-ddefa10a
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    Trackback
    list

    BS blog Ranking
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。