現在、家作りを進行中の皆様。 夢が広がり、ウキウキワクワクしていますか?
    もしも、不安やストレスでヘトヘトだったり、がっかりして気分がへこみそうだったりしたら家づくりの方法が間違っているかもしれません。
    一生に何度もない家作り、肩に力が入り過ぎ、Web、雑誌、ハウスメーカーなど膨大な情報に翻弄され、当初の想いと異なる方向に迷い込むこともよくあります。
    スタート地点であれば軌道修正はさほど難しくありません。計画中ならなおさら。
    家づくりの中心に自分や家族の一番大切にしたい事を、きちんと据えることです。
    「 大切なことは何ですか? 」 それが決まったら言葉や絵やイメージ写真という形で具体的に表現してみることです。
    同じような土地の広さや予算であっても夢がかなう方とかなわない方がいます。
    この「Lesson」では、多くの皆様に夢をかなえる家づくりを現実のものとしていただくための、具体的な情報を提供して参りますので、ご参考になれば幸いです。



    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

    category: スポンサー広告

    TB: --    CM: --

    --

    N邸 小道風の玄関アプローチ 


    完成地点での写真は撮っても
    スタート地点での写真を
    あらかじめ撮れていることは少ないです。
    記事をまとめる時に『しまったビフォー撮っておけば』
    と思うことが度々。

    そんな私としては珍しいことなのですが、
    N邸では今年の一月の庭のスタートの写真が撮れていました。

    あぷろーち5

    それがこんな風になりました。
    撮影日は9月6日です。
    すごく良い感じになりましたね。

    初めてなのに、なつかしくてたまらない感じ。
    どこかで歩いたことのあるような気がします。

    あぷろーち2

    スタート地点では飛び石がむき出しになっていますが、
    今は低い丈の草でふんわりとおおわれています。
    『しつらえ感』はなく、素朴でナチュラル。

    塀の足元には細かい葉っぱの植物がこんもり。
    スタート地点では工作物らしかった塀が
    地面とつながって やさしい感じにまとまっています。

    このところの雨模様の天気は英国っぽくて、
    イングリッシュガーデン系の植物にはうれしい気候だったかも。
    銀灰色中心の緑がしっとりとうるおっています。

    N邸は、『旗竿敷地』です。
    竿の部分をこの素敵なアプローチガーデンにしました。

    名越邸プラン24116

    最初に敷地を見た時に既にこのアプローチイメージが
    Nさんにはあったそうです。衝動的に購入決定とのこと。

    玄関ドア付近も庭スタートの1月の写真が撮れてます。

    玄関前

    今は,こんな風になりました。

    玄関ドアは気密性を考えてスチール製
    ナチュラル感を出したくて表面に板を貼りました。

    玄関

    途中にあるパーゴラも今はたっぷりの緑に足元が
    すっかり埋まっています。

    パーゴラ

    イメージが形になったNさんの庭を歩くと、
    『熱意があれば思いはかなう』という実感が湧いてきます。

    ゼロスタートから刻々と成長していく庭を眺めて過ごせた
    Nさんの9ヶ月はすごく楽しかっただろうな〜と思いました。

    ID:avoud1

    Posted on 2015/09/16 Wed. 15:23 [edit]

    category: 家づくり Lesson

    TB: 0    CM: 0

    16

    コメント

    Comment
    list

    コメントの投稿

    Secret

    Comment
    form

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://planboxstyle.blog.fc2.com/tb.php/489-a81e0e86
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    Trackback
    list

    BS blog Ranking
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。