現在、家作りを進行中の皆様。 夢が広がり、ウキウキワクワクしていますか?
    もしも、不安やストレスでヘトヘトだったり、がっかりして気分がへこみそうだったりしたら家づくりの方法が間違っているかもしれません。
    一生に何度もない家作り、肩に力が入り過ぎ、Web、雑誌、ハウスメーカーなど膨大な情報に翻弄され、当初の想いと異なる方向に迷い込むこともよくあります。
    スタート地点であれば軌道修正はさほど難しくありません。計画中ならなおさら。
    家づくりの中心に自分や家族の一番大切にしたい事を、きちんと据えることです。
    「 大切なことは何ですか? 」 それが決まったら言葉や絵やイメージ写真という形で具体的に表現してみることです。
    同じような土地の広さや予算であっても夢がかなう方とかなわない方がいます。
    この「Lesson」では、多くの皆様に夢をかなえる家づくりを現実のものとしていただくための、具体的な情報を提供して参りますので、ご参考になれば幸いです。



    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

    category: スポンサー広告

    TB: --    CM: --

    --

    コスト・コントロールの鍵 Ⅱ ・・・ 概算見積りは、早く、細かく 


     
      概算見積りは早めにチェック、プラン修正で柔軟なコスト・コントロール 

    私たちプランボックスでは、基本プランがまとまると、工務店に概算見積もりを出していただきます。プランを細かく詰めた後でなく、比較的早い段階で一度概算の見積もりをとるのは、施主に早めに、予算とかかるコストのズレを確認し、現実と向き合っていただくためです。

     
      概算見積もりⅠ <延べ床面積約30坪の例> 
    概算見積書  
                   ■ この大内訳の各項目に膨大な量の内訳がつく。

    概算見積もりをとると、大体が予算オーバーします。 そして、建築費が思いのほか高くなった要因をはじめて家を建てる方が読み解くのはまず無理があります。 

    そのため、最初に設定した基準となる適正価格の家(坪50万円首都圏)の仕様と比較することで、コストがかさんだ項目が一目瞭然でわかります。とくに、自然素材に変更した部分やキッチンを造作した点など、コストアップに大きく影響する仕様によって、どれだけ増えたのかのか、調整すべき項目について、金額的な判断材料が明確になります。かなり現実的になってきました。

    見積もりの明細について、できるだけ一式という表現を少なくし、細かく分解して、材料費、工賃、単価、数量などを明確にする必要があるのは、このように適正価格との差額をチェックし、的確なコスト・コントロールを実現するためなのです。

     
      適正価格の坪50万円仕様との差額をチェック 
    概算見積書2 
    ■ 坪50万円仕様の家で建てた場合の価格に加え、仕様変更による差額を加えてものが、
      当初の概算見積もりⅠに近い金額であるので、当初見積もりは適正なものと言える。


     
      坪50万円の家の建築費の考え方→ 小さい家は坪単価が上がる 

    最初に適正価格として設定した坪50万円の仕様は、あくまえ延べ床面積が40坪の場合です。40坪であれば、建築費が2000万円であがるということです。 
    しかし、この適正坪単価は広さによって変わってきます。 つまり、どんな小さな家にも暮らしていく上で、必要不可欠な部分があります。 それは、バス、トイレ、キッチンといった設備や、玄関ドア、内部建具、サッシ、一定面積の屋根などです。
    その合計は、約720万円になります。 この額は、どんな広さの家でもそんなに大きく変わりませんので、今回の40坪より広くなると坪単価や下がり、狭くなる後上がります。

    従って、上の表の、坪50万円仕様の建築費は、逆算的に考えています。つまり、2000万円から720万円を引いた場合坪単価は、32万円なりますので、「50万円仕様」で建てる場合、どんな広さの家でも必要不可欠な720万円 +32万円× 坪数で、適正価格が計算できることになります。

    プランボックスでは、さらに柔軟なコスト・コントロールができるよう、仮に見積もりの中の部材でお客様が手配した方が低価格な場合、その部材を使用していただくこともできます。ただし、お客様の手配価格に工事管理費の15% 又は、工賃を付加させていただき、製品の保障については、お客様の責任となります。

    いづれにしても、小さな家は、必要不可欠な要素がコンパクトに詰まっているわけですから、坪単価は割高になります。


                 
    8840158_s.jpg        6fffa8af7de2018b934a19be10fa0f02931.jpg 

    Posted on 2013/02/23 Sat. 18:45 [edit]

    category: 家づくり Lesson

    thread: 住宅・不動産  -  janre: ライフ

    TB: 0    CM: 0

    23

    コメント

    Comment
    list

    コメントの投稿

    Secret

    Comment
    form

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://planboxstyle.blog.fc2.com/tb.php/48-2bc037df
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    Trackback
    list

    BS blog Ranking
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。