現在、家作りを進行中の皆様。 夢が広がり、ウキウキワクワクしていますか?
    もしも、不安やストレスでヘトヘトだったり、がっかりして気分がへこみそうだったりしたら家づくりの方法が間違っているかもしれません。
    一生に何度もない家作り、肩に力が入り過ぎ、Web、雑誌、ハウスメーカーなど膨大な情報に翻弄され、当初の想いと異なる方向に迷い込むこともよくあります。
    スタート地点であれば軌道修正はさほど難しくありません。計画中ならなおさら。
    家づくりの中心に自分や家族の一番大切にしたい事を、きちんと据えることです。
    「 大切なことは何ですか? 」 それが決まったら言葉や絵やイメージ写真という形で具体的に表現してみることです。
    同じような土地の広さや予算であっても夢がかなう方とかなわない方がいます。
    この「Lesson」では、多くの皆様に夢をかなえる家づくりを現実のものとしていただくための、具体的な情報を提供して参りますので、ご参考になれば幸いです。



    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

    category: スポンサー広告

    TB: --    CM: --

    --

    さくらんぼ 


    さくらんぼというと6月ですね。
    でも、森オフィスのあたりは高地なので
    旬は6月後半から7月後半までみたいです。

    きっかけは、ふと見た地元情報誌。
    森オフィスのずいぶんとご近所さんに
    さくらんぼ果樹園があったのです。
    IMG_8066.jpg

    地味なたたずまいですね。
    これではそばを歩いてもわからないな。
    よく見ると確かに看板もありますね。

    IMG_8067.jpg

    しかし、さくらんぼはとってもキラキラで可愛い。
    大きいものだと500円玉くらいあり、
    お値段も比較的手頃です。

    IMG_8084.jpg

    朝9時ころだと、ちょっと傷ものが安く売られていて、
    私はこっちで充分です。すぐ食べるしね。
    お行儀悪く、ほうばれるのが嬉しいです。

    ハウスといっても鳥に食べられないためのカバーで
    温室ということではありません。
    中に入っても温度は変わらない。
    冬はハウスを無くせるので雪の影響を受けずに安心だな。
    ごひいきのイチゴ農家は一昨年の大雪が大ダメージで
    今年はあまり食べられなかったのです。

    IMG_8042.jpg

    ハウスの中の木は枝をツルのように誘引していて、
    効率よく日光をあてています。
    枝の先端ほど甘いそうです。

    IMG_8075.jpg

    収穫も ひとつぶひとつぶ 慎重に
    さくらんぼと目線を合わせて行っています。

    IMG_8070.jpg

    栽培されているいる方にお聞きすると、
    この大きさと味には大変な手間がかかるそうです。

    デパ地下で宝石のように箱詰めされ驚くべき値段で売られている
    さくらんぼはこうして栽培されているのですね。
    ジューシーで甘さもたっぷりで食べごたえがあり、
    私としては果物としての日本のさくらんぼを
    初めて味わったような気がしました。

    岩原果樹園
    北杜市と北清里の2カ所で栽培しているそうです。

    ID:avoud1

    Posted on 2015/07/06 Mon. 09:12 [edit]

    category: 家づくり Lesson

    TB: 0    CM: 0

    06

    コメント

    Comment
    list

    コメントの投稿

    Secret

    Comment
    form

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://planboxstyle.blog.fc2.com/tb.php/479-4be7f2af
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    Trackback
    list

    BS blog Ranking
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。