現在、家作りを進行中の皆様。 夢が広がり、ウキウキワクワクしていますか?
    もしも、不安やストレスでヘトヘトだったり、がっかりして気分がへこみそうだったりしたら家づくりの方法が間違っているかもしれません。
    一生に何度もない家作り、肩に力が入り過ぎ、Web、雑誌、ハウスメーカーなど膨大な情報に翻弄され、当初の想いと異なる方向に迷い込むこともよくあります。
    スタート地点であれば軌道修正はさほど難しくありません。計画中ならなおさら。
    家づくりの中心に自分や家族の一番大切にしたい事を、きちんと据えることです。
    「 大切なことは何ですか? 」 それが決まったら言葉や絵やイメージ写真という形で具体的に表現してみることです。
    同じような土地の広さや予算であっても夢がかなう方とかなわない方がいます。
    この「Lesson」では、多くの皆様に夢をかなえる家づくりを現実のものとしていただくための、具体的な情報を提供して参りますので、ご参考になれば幸いです。



    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

    category: スポンサー広告

    TB: --    CM: --

    --

    『玄関から見えるくつろぎ風景』の魅力 N邸<1> 




    N邸はいわゆる『旗竿敷地』です。
    細い通路で道路と接しています。

    竹若邸

    玄関にたどり着くまで、てくてく…と歩きます。
    冬なのでこんな感じですが、
    通路の両側は春になると美しいガーデンになります。
    (その頃には是非また写真を撮りに来たいです。)

    IMG_0203 のコピー

    玄関に入ると、
    そこは大きな土間とホールです。

    土間見下げ2

    2階への階段、リビング、ダイニング、キッチン
    一気に空間が広がります。
    ここまで歩いてきた方は『わっ!』と声をあげるはず。 


    土間見下げ

    家のくつろぎのすべてが視野に入るのですが、
    それがウエルカムな印象で、来訪者には大変うれしいです。
    もちろん、寝室やサニタリーのような
    プライベートは見えないです。

    てくてくと楽しく歩いてたどり着いた玄関が、
    重厚で威圧的なホールと廊下の先のドアの連続だったら、
    ちょっと『しゅん』となるな〜

    玄関からリビングやダイニングが見えるというのは
    欧米では一般的でも日本では敬遠されるスタイル。

    しかし、道路との距離が充分あるN邸のような場合には、
    このような玄関スタイルも魅力的ですね。

    次回に続きます。


    Posted on 2015/02/14 Sat. 07:54 [edit]

    category: 家づくり Lesson

    TB: 0    CM: 0

    14

    コメント

    Comment
    list

    コメントの投稿

    Secret

    Comment
    form

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://planboxstyle.blog.fc2.com/tb.php/452-4cd5c819
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    Trackback
    list

    BS blog Ranking
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。