現在、家作りを進行中の皆様。 夢が広がり、ウキウキワクワクしていますか?
    もしも、不安やストレスでヘトヘトだったり、がっかりして気分がへこみそうだったりしたら家づくりの方法が間違っているかもしれません。
    一生に何度もない家作り、肩に力が入り過ぎ、Web、雑誌、ハウスメーカーなど膨大な情報に翻弄され、当初の想いと異なる方向に迷い込むこともよくあります。
    スタート地点であれば軌道修正はさほど難しくありません。計画中ならなおさら。
    家づくりの中心に自分や家族の一番大切にしたい事を、きちんと据えることです。
    「 大切なことは何ですか? 」 それが決まったら言葉や絵やイメージ写真という形で具体的に表現してみることです。
    同じような土地の広さや予算であっても夢がかなう方とかなわない方がいます。
    この「Lesson」では、多くの皆様に夢をかなえる家づくりを現実のものとしていただくための、具体的な情報を提供して参りますので、ご参考になれば幸いです。



    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

    category: スポンサー広告

    TB: --    CM: --

    --

    小さな家こそナチュラルハウスにぴったり 


     
      「小さくても住み心地満点 』 ・・・ そんな家づくりがおもしろい 

    ナチュラルな家は狭い土地、小さな家に最も合うのでは・・・とよく思います。
    建坪の小さいお宅を建築する際に、プランニングであれこれ、施主の方と打ち合わせし、家が完成していつも感じるのは、この土地でよくこれだけの空間を作れたなぁ~、それは、建物の延床面積のことでなく、現地で直感的に、実感するものです。
    土地の広さや条件などで、採光や通風、また、プライバシーなどさまざまな制約を受ける小さな家。
    自由度が高く、オープンな雰囲気が似合うナチュラルハウスだからこそ、その制約を逆手にとって、うまく使いこなすことができるのです。

    『 小さな家だからこそ、自分だけのごだわりがつまったナチュラルな家づくりができる。』 という発想で、色んな情報を集め、また、専門家に相談し、まさに、家族全員で“ものづくり”を楽しみましょう。
    ただし、制約が多いために、プランニングが他に比べ非常に重要であり、デザイン、空間の使い方、採光、インテリア、収納まで、経験豊富なプロの力を借りて、多くのアイデアを引出し、また、自分自身も“自分で作る”ぐらいの思い入れをもって取り組むことが、より満足度の高い家づくりとなることはいうまでもありません。

    このシリーズでは、プランボックスが担当させていただいたいくつかの物件も参考にしながら、小さな家づくりのポイントについて解説していきたいと思います。

    小さな家だからこそ実現できるメリットを追求し、『 小さくてもナチュラルでこだわりの素材に囲まれて、住み心地満点の家を目指しましょう 』
    木の家 

    Posted on 2013/02/21 Thu. 14:12 [edit]

    category: 家づくり Lesson

    thread: 住宅・不動産  -  janre: ライフ

    TB: 0    CM: 0

    21

    コメント

    Comment
    list

    コメントの投稿

    Secret

    Comment
    form

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://planboxstyle.blog.fc2.com/tb.php/39-7e0d3e30
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    Trackback
    list

    BS blog Ranking
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。