現在、家作りを進行中の皆様。 夢が広がり、ウキウキワクワクしていますか?
    もしも、不安やストレスでヘトヘトだったり、がっかりして気分がへこみそうだったりしたら家づくりの方法が間違っているかもしれません。
    一生に何度もない家作り、肩に力が入り過ぎ、Web、雑誌、ハウスメーカーなど膨大な情報に翻弄され、当初の想いと異なる方向に迷い込むこともよくあります。
    スタート地点であれば軌道修正はさほど難しくありません。計画中ならなおさら。
    家づくりの中心に自分や家族の一番大切にしたい事を、きちんと据えることです。
    「 大切なことは何ですか? 」 それが決まったら言葉や絵やイメージ写真という形で具体的に表現してみることです。
    同じような土地の広さや予算であっても夢がかなう方とかなわない方がいます。
    この「Lesson」では、多くの皆様に夢をかなえる家づくりを現実のものとしていただくための、具体的な情報を提供して参りますので、ご参考になれば幸いです。



    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

    category: スポンサー広告

    TB: --    CM: --

    --

    あなたにとってローコストとは、よりリーズナブルなこと 

       「ローコスト」とは価値観、満足度はコスト、広さとは比例しない  

    限られた予算内で、自分のこだわりや家族の希望を織り込み、より満足度の高い家を建てたい! その限られた予算は、それぞれの家庭によって大きな格差があります。だだし、言えることは皆さん「バリュー・フォー・マネー」の追求、同じ価格であればどれだけ自分にとっての価値、満足度を増やすかということに関心があり、家づくりで最も重要なのはのは、価値や満足度は建物など(ハードウェア)の経済的価値とまったく比例しないということです。極端な例で、鉄筋コンクリートでビルのような家を建築し、広大な庭があったとしても、それが暮らしの向上、求めた家づくりでなければまったく意味のないことだということです。
    このことから言えば、ナチュラルな家づくりが最もローコスト、つまり「バリュー・フォー・マネー」を上げる方法だと思います。家の大きさや、豪華さ、機能性だけを求めるのではなく、“そこに暮らす生活者のライフスタイルをどう織り込み、満足度をどう高めるか”が根底にあるテーマだからです。そして、人間は自然に近いものを最も心地よく感じ、まだ、健康的で安心できるということが、潜在的に誰もが持っている本能だからです。さらに、複雑化する現代社会の中で、ONとOFFを完全に切り分け、家庭ではできるだけ心身をリフレッシュしたい、つまり、自分だけの落ち着ける“巣”を求めているのです。ナチュラルハウスは、ヒューマンウェアづくりであるのです。

    土地が広い・狭い、条件が良い・悪い、予算が多い・少ないは、ナチュラルな家を求める皆さんにとってまったく問題ではありません。こだわりがあり、より健康的で自然、心地よいものを求める想いがあれば、ナチュラルな家づくりは、そのプロセス、また暮らしだしても、納得感、満足感は他では得られないものとなるはずです。
    プランボックスでは、家づくりのご相談があった場合、いくつかのプランをお出ししますが、基本的にはその方の夢、こだわりと何よりも普段における暮らしやすさを重点においてご提案します。せっかく土地も広いし、予算もあるので・・・という場合でも、プランの中にはミニマムな、つまり機能的にコンパクトに暮らしやすいものもお出しします。

    家こだわり、コスト
       「ローコスト」 の家づくりで 「チープ」 にしないこと  

    「チープ」とは簡単に言えば、安っぽいという意味です。個性化が進む現在では、お仕着せのものもチープな感じがするものです。ナチュナルな家づくりはたとえ「低予算」であっても「チープ」にしないことが基本です。コストをかけないでも、いくらでも豊かな空間が演出できるということをまず頭にしっかりとおいてください。家づくりLessonでも繰り返し、「器(間取り)」より「中身(暮らし、空間)」ということをお話していますが、快適な空間を演出することについては、それぞれの条件において、無限にあると言ってもよいくらいです。逆に、すごく高価な家なのになんでチープに感じるんだろうという家が世の中には一杯あります。

    ただし、それは既製品、標準化して例外が認められない規格品ではできないことです。アウトドア空間を どう邸内に取り込みナチュラルな開放感を演出し、さらに明るく、風通しの良い爽やかな家にするのか・・・など、特に土地が狭かったり、条件が悪かったり、小さな家を建てる場合、施主と私たち建築家のアイデアの豊富さ、プランニングの実力が問われることになります。逆に言えば、やりがいがあることでもあります。

    このブログでは、全般に渡って、合理的なコスト削減、節約の選択肢をご提示していますが、このシリーズでは、特に、予算に限りがあり、ナチュナルな家づくりをあきらめかけている皆さんに対して、コストを抑えて、チープでない満足感の高い家づくりのポイントをご紹介していきます。

    だだし、それは、まず、じっくりプランニングした上で、その後の仕様の変更も柔軟にでき、場合によっては、まったく既製品にない、オリジナルな建具ほかを仕様するといった自由度の高い家づくりができることが前提となります。



    Posted on 2013/02/21 Thu. 10:31 [edit]

    category: 家づくり Lesson

    thread: 住宅・不動産  -  janre: ライフ

    TB: 0    CM: 0

    21

    コメント

    Comment
    list

    コメントの投稿

    Secret

    Comment
    form

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://planboxstyle.blog.fc2.com/tb.php/38-e7bfc847
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    Trackback
    list

    BS blog Ranking
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。