現在、家作りを進行中の皆様。 夢が広がり、ウキウキワクワクしていますか?
    もしも、不安やストレスでヘトヘトだったり、がっかりして気分がへこみそうだったりしたら家づくりの方法が間違っているかもしれません。
    一生に何度もない家作り、肩に力が入り過ぎ、Web、雑誌、ハウスメーカーなど膨大な情報に翻弄され、当初の想いと異なる方向に迷い込むこともよくあります。
    スタート地点であれば軌道修正はさほど難しくありません。計画中ならなおさら。
    家づくりの中心に自分や家族の一番大切にしたい事を、きちんと据えることです。
    「 大切なことは何ですか? 」 それが決まったら言葉や絵やイメージ写真という形で具体的に表現してみることです。
    同じような土地の広さや予算であっても夢がかなう方とかなわない方がいます。
    この「Lesson」では、多くの皆様に夢をかなえる家づくりを現実のものとしていただくための、具体的な情報を提供して参りますので、ご参考になれば幸いです。



    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

    category: スポンサー広告

    TB: --    CM: --

    --

    トルコのパッチワークじゅうたん 

    tj2.jpg

    トルコのパッチワークじゅうたん

    森オフィスの敷地には平屋の中古住宅がありました。
    古民家とは言えない位の中途半端な昭和の住宅です。
    ここを地元の大工さんや左官屋さんに手伝っていただきながら
    ローコストの自主施工まじりの実験的リフォームを行いました。

    テーマは「ミックスを楽しむ」ということ。
    一つのスタイルにそろえずゴチャ混ぜの面白さ。

    その時に興味のあることを思い切り楽しめるのが
    このような自主施工リフォームの醍醐味ですよね。

    畳の部屋に大きな英国アンティークテーブルを置きました。
    天井にはシャンデリア。
    西洋かぶれの主が強引に和建築に「洋」を持ち込んだというシチュエーションをイメージしてみました。

    ここには絨毯が欲しいところ。どんなのがあうのでしょうか?

    アンティークのペルシャ絨毯?これだと少しクラシック過ぎる。
    それに本物だと、お値段もすごい。

    イラクのギャッベはどうでしょうか?
    素朴な毛織物なので畳に合うかも。
    しかし、お借りして置いてみると素朴すぎてうっとおしい感じ。
    ザックリしたギャッベは大好きなのですが…

    偶然にも近所の店でモロッコのパッチワーク絨毯を発見。
    民家の床に敷いてあったアンティーク絨毯を手縫いでパッチワークし、裏打ちして仕上げています。
    お値段は手頃です。

    イメージではパッチワークはうるさいのでNGだったのですが、
    親切なお店の方に何本かお借りして試してみたところ、
    トルコブルーの色が差し色で意外と合うのです。
    置いた瞬間に空気がパッと変わりました。
    迷わずこれに決めました。

    又、3メートル四方の大きさを想定していたのですが
    値段を安くするため全体に敷き詰めないで細型2本にした
    ところ、畳に流れる川のようでさらに面白いことを発見。

    今回のようにミックスで楽しもうという場面には
    それぞれがバラバラに個性的な方がフィットするのですね。
    試してみないとわからない面白い結果でした。

    東洋と西洋の間をつなぐトルコのパッチワークじゅうたん
    小さな一つ一つに暮した家族の歴史が閉じ込められいるようで
    ずっと見ていても、あきない面白さです。
    アンティークじゅーたんのパッチワークなんてジャンクだよね、という先入観が覆されました。

    お店の方のご好意で敷いて試すということができました。
    ドイツなどでは家に数日置いての購入判断が普通らしいですが
    日本の小売店ではなかなか難しいと思いますね。
    お願いしてできるのなら、このような試し置きはおすすめです。

    私はIKEAなどの家具もコストパフォーマンスが良く手軽で大好きですが、
    小売店の方とのジックリとした物選びも捨てがたい良さがあるものです。



    Posted on 2014/08/02 Sat. 05:00 [edit]

    category: 家づくり Lesson

    TB: 0    CM: 0

    02

    コメント

    Comment
    list

    コメントの投稿

    Secret

    Comment
    form

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://planboxstyle.blog.fc2.com/tb.php/377-12604e86
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    Trackback
    list

    BS blog Ranking
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。