現在、家作りを進行中の皆様。 夢が広がり、ウキウキワクワクしていますか?
    もしも、不安やストレスでヘトヘトだったり、がっかりして気分がへこみそうだったりしたら家づくりの方法が間違っているかもしれません。
    一生に何度もない家作り、肩に力が入り過ぎ、Web、雑誌、ハウスメーカーなど膨大な情報に翻弄され、当初の想いと異なる方向に迷い込むこともよくあります。
    スタート地点であれば軌道修正はさほど難しくありません。計画中ならなおさら。
    家づくりの中心に自分や家族の一番大切にしたい事を、きちんと据えることです。
    「 大切なことは何ですか? 」 それが決まったら言葉や絵やイメージ写真という形で具体的に表現してみることです。
    同じような土地の広さや予算であっても夢がかなう方とかなわない方がいます。
    この「Lesson」では、多くの皆様に夢をかなえる家づくりを現実のものとしていただくための、具体的な情報を提供して参りますので、ご参考になれば幸いです。



    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

    category: スポンサー広告

    TB: --    CM: --

    --

    国籍不明の古いブリキの缶で郵便受け              

    ob1.jpg


    郵便受けに悩んでいた森オフィスですが、
    なかなか良い味のブリキの缶を見つけて
    郵便受けにすることにしました。

    はげかかった赤いペンキとブリキの色。

    遠い国からやってきたブリキの缶の
    長い旅もようがうかがえます。

    置く場所は外物置の白い壁にしました。
    なんてことのない殺風景な壁です。

    正方形の壁の余白をいかして
    位置を決めました。

    ポストの外型に合わせて壁を切り抜き、
    ポコンとはめ込みました。

    お尻は外物置内に出っ張ります。
    雨が入らないよう箱と壁の間にコーキングをしました。
    Jマートで購入した簡単なチューブのものです。

    郵便のマーク「〒」白いペンキで書き入れました。

    トタンの水切りのをJマートで買ってきて屋根にしました。

    設置して、ちょっとして見たら、
    早速ポストに第一号の手紙が届いていました。
    めり込んでるブリキの箱がポストと認証されてよかった!
    そもそも郵便受けの決まりごとってあるのでしょうか。
    郵便配達の方に認証されれば良いのでしょうね。

    国籍不明のブリキの箱はお店に陳列されている時から
    自分の中の郵便受けのイメージにピッタリでした。
    ピンときたものが現場にうまくセットできて本当に嬉しい!




    Posted on 2014/07/30 Wed. 05:00 [edit]

    category: 家づくり Lesson

    TB: 0    CM: 0

    30

    コメント

    Comment
    list

    コメントの投稿

    Secret

    Comment
    form

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://planboxstyle.blog.fc2.com/tb.php/375-ddb4eb2d
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    Trackback
    list

    BS blog Ranking
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。