現在、家作りを進行中の皆様。 夢が広がり、ウキウキワクワクしていますか?
    もしも、不安やストレスでヘトヘトだったり、がっかりして気分がへこみそうだったりしたら家づくりの方法が間違っているかもしれません。
    一生に何度もない家作り、肩に力が入り過ぎ、Web、雑誌、ハウスメーカーなど膨大な情報に翻弄され、当初の想いと異なる方向に迷い込むこともよくあります。
    スタート地点であれば軌道修正はさほど難しくありません。計画中ならなおさら。
    家づくりの中心に自分や家族の一番大切にしたい事を、きちんと据えることです。
    「 大切なことは何ですか? 」 それが決まったら言葉や絵やイメージ写真という形で具体的に表現してみることです。
    同じような土地の広さや予算であっても夢がかなう方とかなわない方がいます。
    この「Lesson」では、多くの皆様に夢をかなえる家づくりを現実のものとしていただくための、具体的な情報を提供して参りますので、ご参考になれば幸いです。



    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

    category: スポンサー広告

    TB: --    CM: --

    --

    扉型収納の調味料置場 

    mkn22.jpg

    キッチンは使いながら、ゆっくり仕上げるのがよいと思います。
    考えがまとまらないうちは完成せずに簡単な作りにしておいて
    不便さを感じたところで作り込んでいくのが理想的。

    森オフィスのキッチンもまだまだ未完成。
    少しづつ仕上がる様子をご紹介できたらと思います。
    お客様の家ではちょっと試せないようなユニークな方法も
    失敗を恐れずにチャレンジしてみようと思っています。

    私のモットーは「調理はスピードが肝心」ということ。
    食事の時間前にサッと作り、食べて、片付けて、
    施主打ち合わせをそのダイニングキッチンでやりたい。
    複雑な収納はどんなに美しくても、その状態にするのに
    時間を取られる。その管理はとうてい無理。
    作っている最中は修羅場と化しても短時間ならそれが良い。


    さて、まず手始めに検討するのがコンロの右手の棚。
    右手の棚の使用イメージをまとめると…

    ●調理しながらササッと調味料を使い、置いたまんまで
    ポンと扉を閉めれば何事もないようにスッキリとさせたい。

    ●物が隠れずに一面が見渡せるのも大切。
    中身の残量がわかるし、アレコレさがすのも手間ですから。

    ●大きさのそろってない瓶、お茶、スープ類の箱物
    シリアルなどの袋物、キッチンペーパーなんかもここかなと。

    ●調理中「あ、足りない」が無いよう未使用ストックも入れたい。
    調味料は開封すると風味がおちるので、大きな業務用では無く
    小さなボトルを短期使い切りにしています。

    上記、使用イメージを形にすると写真のようになりました。

    オープン棚と扉の収納の奥行きはいずれも15センチ。
    浅い奥行きですが大まかな物はだいたいしまえます。
    まだ本格的に使用していないのでガラガラですが、
    ここはもっとゴチャゴチャになるはず。

    下台のオープン棚は奥行き30センチ。
    ここはコンロとシンクと三角の良い位置なので
    普段使いの食器のベスト位置。
    外からは見えない位置だから扉は無しで。

    素材をご紹介すると、
    ●壁側のキッチンの天板はアイアン。
    ●棚板はいつものツーバイ材。
    ●壁はパイン材。
    ●扉の面材もパイン材。

    さて、使った感想は…

    ●瓶のデザインや置き方を気にせずに置きたい放題にできるので
    敏速な調理を希望するタイプには向いているかと思います。

    ●扉を開けた状態で使ってもこの位置ですと調理には支障無し。
    調理している側からは中が見えても外からは見えない。

    ●蝶番を3個付けたので乱暴に開け閉めしても、安定性があります。
    閉めればポンとまわりの板壁に同化。

    ●一面が見渡せるので必要な物が見つけやすい。

    ●面材は貴重な余白。スッキリします。


    今後の手を加える予定は

    ●扉側の収納がポロリと落ちる!棚の縁に何か付けたい。

    ●調味料や油で中の棚が汚れるぞ!ペンキを塗ろう。

    ●横に倒れやすい!仕切りを考えよう。小箱とか。

    上部の手が届きにくい高い部分は買い置き用と割り切りました。
    買い置きを出す時は頻繁ではないので、踏み台を使います。

    小さなキッチンの冒険は続きます。


    Posted on 2014/06/29 Sun. 05:00 [edit]

    category: 家づくり Lesson

    TB: 0    CM: 0

    29

    コメント

    Comment
    list

    コメントの投稿

    Secret

    Comment
    form

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://planboxstyle.blog.fc2.com/tb.php/368-f3df4597
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    Trackback
    list

    BS blog Ranking
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。