現在、家作りを進行中の皆様。 夢が広がり、ウキウキワクワクしていますか?
    もしも、不安やストレスでヘトヘトだったり、がっかりして気分がへこみそうだったりしたら家づくりの方法が間違っているかもしれません。
    一生に何度もない家作り、肩に力が入り過ぎ、Web、雑誌、ハウスメーカーなど膨大な情報に翻弄され、当初の想いと異なる方向に迷い込むこともよくあります。
    スタート地点であれば軌道修正はさほど難しくありません。計画中ならなおさら。
    家づくりの中心に自分や家族の一番大切にしたい事を、きちんと据えることです。
    「 大切なことは何ですか? 」 それが決まったら言葉や絵やイメージ写真という形で具体的に表現してみることです。
    同じような土地の広さや予算であっても夢がかなう方とかなわない方がいます。
    この「Lesson」では、多くの皆様に夢をかなえる家づくりを現実のものとしていただくための、具体的な情報を提供して参りますので、ご参考になれば幸いです。



    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

    category: スポンサー広告

    TB: --    CM: --

    --

    窓辺のシンクで 


    kiii.jpg


    対面型アイランドキッチンの希望も多いですが、
    古典的なタイプの窓辺のシンクも根強い人気です。
    どちらがお好きですか?

    森オフィスの古屋の方は窓辺シンクのタイプ採用です。
    古屋の時に閉じていた東の方角に素敵な緑が見えるのです。
    もちろん借景で道路越しのお隣の敷地の緑。

    天井は2100まで低くして、
    900のキッチンカウンターから天井まで目一杯窓。

    天井は板張りです。光を受けた木質感が緑と美しく対比。
    このような窓だと視線がグッと窓の外に集中します。

    キッチンのカウンターは当初は木と考えていましたが
    白いモザイクタイルをおいてみると周囲のテクスチャーが
    際立つので、これにします!
    光の反射もきれいです。
    タイルは2枚たち下げるのがバランス良いようです。
    3枚はボッテリし過ぎ、1枚では弱い。

    キッチンシンクは 「IKEA」の「DOMSJO」
    横640縦650スクエアでシンプルお値段は3万円程。
    キッチンシンクというだけではない幅広い用途に使えそう。
    シンクに水をはって庭の草花を生けてもよいですね。

    あえてカウンターの中央にシンクを持ってこなかったのは
    シンクの横の部分にハイチェアを2個位置いて
    窓辺でお茶を飲めるカウンターカフェっぽくしたかったから。

    どんなキッチンのスタイルでもリラックスが重要。
    料理してなくても居たい場所にしたいから。

    カウンター下はシンプルなオープン棚。
    折れ曲がるカウンターにガスのゴトクタイプとIHヒーターを置く予定。
    キッチンで井戸端会議のイメージ。
    今から楽しみです。

    Posted on 2014/06/01 Sun. 05:00 [edit]

    category: 家づくり Lesson

    TB: 0    CM: 0

    01

    コメント

    Comment
    list

    コメントの投稿

    Secret

    Comment
    form

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://planboxstyle.blog.fc2.com/tb.php/361-c16374ce
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    Trackback
    list

    BS blog Ranking
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。