現在、家作りを進行中の皆様。 夢が広がり、ウキウキワクワクしていますか?
    もしも、不安やストレスでヘトヘトだったり、がっかりして気分がへこみそうだったりしたら家づくりの方法が間違っているかもしれません。
    一生に何度もない家作り、肩に力が入り過ぎ、Web、雑誌、ハウスメーカーなど膨大な情報に翻弄され、当初の想いと異なる方向に迷い込むこともよくあります。
    スタート地点であれば軌道修正はさほど難しくありません。計画中ならなおさら。
    家づくりの中心に自分や家族の一番大切にしたい事を、きちんと据えることです。
    「 大切なことは何ですか? 」 それが決まったら言葉や絵やイメージ写真という形で具体的に表現してみることです。
    同じような土地の広さや予算であっても夢がかなう方とかなわない方がいます。
    この「Lesson」では、多くの皆様に夢をかなえる家づくりを現実のものとしていただくための、具体的な情報を提供して参りますので、ご参考になれば幸いです。



    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

    category: スポンサー広告

    TB: --    CM: --

    --

    よくある一間の窓をオシャレに 

      
    DM.jpg

      床からつける引き違いの窓を掃き出し窓と言います。
      外にバルコニーがあれば通常この窓を選択します。

      しかし、このケースではバルコニーはありません。

      「外の大きな眺めにスッとつながりたい。」
      という思いが強くありました。
      寝室ですがとても、遠くまで見渡せる位置です。

      思い切って床から開口をつけることにしました。
      安価で掃除も楽な一般的な引き違い。

      ツーバイフォー材で十字架のデザインを施しました。
      中心の縦のアルミ枠やクレセントが隠れてシンプルに。
      また、外に落ちない手すりとして有効です。

      「窓」というより「外とつながる開口」
      というイメージが強調されました。

      寝室なので暗転が必須です。
      カーテンでも良いのですが、
      あえてフスマを選択しました。

      化粧縁を床材と同じような色の白木で回し、
      1820角の大きな動く壁のよう。

      以前このブログでもご紹介しました
      縁を回さないで作る「太鼓フスマ」という方法もある。
      しかしこの場面では、キチンと縁がある方が面白い。
      さらに丈夫で安価でもあります。

      「掃き出し窓だから外に出る」とか
      「縁付きの襖だから和風」とかの観念を外して、
      「美しい」「安価」「合理的」で考えると
      一般的な部材から面白い発想が生まれます。
      お試しください。


    Posted on 2014/05/08 Thu. 05:00 [edit]

    category: 家づくり Lesson

    TB: 0    CM: 0

    08

    コメント

    Comment
    list

    コメントの投稿

    Secret

    Comment
    form

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://planboxstyle.blog.fc2.com/tb.php/355-c6dc945b
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    Trackback
    list

    BS blog Ranking
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。