現在、家作りを進行中の皆様。 夢が広がり、ウキウキワクワクしていますか?
    もしも、不安やストレスでヘトヘトだったり、がっかりして気分がへこみそうだったりしたら家づくりの方法が間違っているかもしれません。
    一生に何度もない家作り、肩に力が入り過ぎ、Web、雑誌、ハウスメーカーなど膨大な情報に翻弄され、当初の想いと異なる方向に迷い込むこともよくあります。
    スタート地点であれば軌道修正はさほど難しくありません。計画中ならなおさら。
    家づくりの中心に自分や家族の一番大切にしたい事を、きちんと据えることです。
    「 大切なことは何ですか? 」 それが決まったら言葉や絵やイメージ写真という形で具体的に表現してみることです。
    同じような土地の広さや予算であっても夢がかなう方とかなわない方がいます。
    この「Lesson」では、多くの皆様に夢をかなえる家づくりを現実のものとしていただくための、具体的な情報を提供して参りますので、ご参考になれば幸いです。



    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

    category: スポンサー広告

    TB: --    CM: --

    --

    モーガルペンダントのオシャレな一工夫。 


    ms.jpg

     モーガルソケットは我が社ではもっともよく使う照明。

     安いというのが一番の理由。300円弱。
     しかも、陶器でできているのです。
     ありがたいことに。

     照明は点けている時より消している時の方が要注意。
     消すと素材がとても際立ちます。
     ホーロー、陶器、ガラス、真鍮、紙などは
     漆喰や珪藻土にすっと馴染む。

     プラスチックや金属ものはデザインが相当良くないと
     何か、邪魔な物に思えてしまう。
     照明をカタログで選ぶ時は構成素材に気をつけて欲しい。

     モーガルはペンダント(天井から吊るす)にしても
     ブラケット(壁につく)にしても
     シーリング(天井につく)にしても良い。
     場所を選びません。

     電球も白熱灯、蛍光灯、LEDなど選べます。
     ワット数も自由度が高いです。

     ペンダントにする時モーガルを吊るすコードに
     少し手を加える方法があります。

     コードはよく見ると2本が合体しているのですが、
     それを割いて1本づつにするのです。
     真ん中の溝に慎重にカッターを入れて、
     指を入れると簡単に2本にバラけます。
     (乱暴にすると中の線を傷つけ危険なことに)

     天井のコードを出すところに木のチップを入れて
     コードが三角になるようにします。
     チップの大きさは好みで。
     大きくすると三角も大きくなります。

     この一工夫で、
     コードが細く見え、周囲に馴染みやすくなる。
     デザイン的にもオシャレです。(過去記事)


    Posted on 2014/04/30 Wed. 05:00 [edit]

    category: 家づくり Lesson

    TB: 0    CM: 0

    30

    コメント

    Comment
    list

    コメントの投稿

    Secret

    Comment
    form

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://planboxstyle.blog.fc2.com/tb.php/352-3efc9756
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    Trackback
    list

    BS blog Ranking
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。