現在、家作りを進行中の皆様。 夢が広がり、ウキウキワクワクしていますか?
    もしも、不安やストレスでヘトヘトだったり、がっかりして気分がへこみそうだったりしたら家づくりの方法が間違っているかもしれません。
    一生に何度もない家作り、肩に力が入り過ぎ、Web、雑誌、ハウスメーカーなど膨大な情報に翻弄され、当初の想いと異なる方向に迷い込むこともよくあります。
    スタート地点であれば軌道修正はさほど難しくありません。計画中ならなおさら。
    家づくりの中心に自分や家族の一番大切にしたい事を、きちんと据えることです。
    「 大切なことは何ですか? 」 それが決まったら言葉や絵やイメージ写真という形で具体的に表現してみることです。
    同じような土地の広さや予算であっても夢がかなう方とかなわない方がいます。
    この「Lesson」では、多くの皆様に夢をかなえる家づくりを現実のものとしていただくための、具体的な情報を提供して参りますので、ご参考になれば幸いです。



    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

    category: スポンサー広告

    TB: --    CM: --

    --

    我が社のスタンダード5段回り階段 


    kd1.jpg  

      面積が限られる時は階段もシェイプされます。
      よく登場するのが1坪の回り階段です。

      体を回しながら上り降りするので
      180度の回る部分の形が大切になってきます。

      一番スムーズなのは、直線部分と同じリズムを
      崩さずにトントンと回っていけること。
      目をつむっても違和感のなく使用できるのが理想です。

      どんなに広い階段でも、人は登る時は体を中心に
      寄せて内側を登ります。中心から大体30㎝位のところ。
      ここの幅を直線と一致させると心地よいです。

      ちなみに、降りる時は、ユックリ降りたければ外側、
      急いでいる時は登りと同じく内側を降りている。

      直線と歩幅を揃えるには180度を5段で割ると丁度良い。
      180度が6段ですと回りのところで若干狭く感じます。

      気をつけたいのは、
      面積に少しゆとりがあるというので
      180度を4段にしてしまうこと。
      歩幅が急に大きくなってリズムが大変に狂うのです。
      安全にしようとして、逆に危険ということに。
      要注意ですね。

      踊り場を設けたいなら踊り場以外の部分は
      なるべく揃えてリズムを崩さないようにしたいです。
      ゆるくても緩急の差が原因で、意外とつまずく。

      幾つかの階段パターンを図面で示してみましたので、
      ご参考にされてください。

    kd3.jpg 



     

    Posted on 2014/03/29 Sat. 05:00 [edit]

    category: 家づくり Lesson

    TB: 0    CM: 0

    29

    コメント

    Comment
    list

    コメントの投稿

    Secret

    Comment
    form

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://planboxstyle.blog.fc2.com/tb.php/344-91fd34e6
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    Trackback
    list

    BS blog Ranking
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。