現在、家作りを進行中の皆様。 夢が広がり、ウキウキワクワクしていますか?
    もしも、不安やストレスでヘトヘトだったり、がっかりして気分がへこみそうだったりしたら家づくりの方法が間違っているかもしれません。
    一生に何度もない家作り、肩に力が入り過ぎ、Web、雑誌、ハウスメーカーなど膨大な情報に翻弄され、当初の想いと異なる方向に迷い込むこともよくあります。
    スタート地点であれば軌道修正はさほど難しくありません。計画中ならなおさら。
    家づくりの中心に自分や家族の一番大切にしたい事を、きちんと据えることです。
    「 大切なことは何ですか? 」 それが決まったら言葉や絵やイメージ写真という形で具体的に表現してみることです。
    同じような土地の広さや予算であっても夢がかなう方とかなわない方がいます。
    この「Lesson」では、多くの皆様に夢をかなえる家づくりを現実のものとしていただくための、具体的な情報を提供して参りますので、ご参考になれば幸いです。



    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

    category: スポンサー広告

    TB: --    CM: --

    --

    プランボックス 無料相談・設計管理料 


      初期無料相談 

    お客様の家づくりのお考えをお聞きしながら、我が社の設計の進め方や工事費、設計料等をご説明いたします。
    予約制で土日・祝日も実施しております」。
    無料で行っており、気軽な雑談形式で、1回1時間半が目安となります。
    大切なことは、お互いに相性が合うかどうか、力を抜いてコミュニケーションさせていただくことだと考えています。
    ご相談後は、お客様のご判断ですので、一切こちらからご連絡することはございません。


      設計監理料とお支払い方法 

    お客様が我が社に設計監理をご依頼されるとご決定された場合、工事費の10%[設計料6パーセント、工事監理料4%](最低200万円)という設計監理料を契約書を取り交わし、それに基づいてお支払いいただくことにしております。 
    *プランニング、設計も大切ですが、設計事務所が施主の立場で第3者として工事が設計図通り実施されているかどうか、工事監理を責任を持って行うlことは非常に重要なことです。

    ただし、ご自身の家づくりに、ふさわしい働きをしてもらえるか 納得できないと一気に契約に至るのは不安、という方につきまして、ご納得いただくまで、作業料金の実費をいただきながらステップを重ねるという方法を設けております。
    * 以下の流れで、作業ステップに合わせて、段階的にご請求させていただきます。

    まず、ライフスタイルカルテをご記入いただき、我が社が3案以上の提案プランを 作成するのに、10万円。
    相当な遠方でない限り現地を確認し、3週間かけて考えさせていただきます。
    料金は、提出時にご請求致します。

    その提案を見て我が社ともう少し付き合ってみたいと思われたら、次のステップに、これは提案されたものを一つのプランに育てる作業。
    これが10万円。 提出時にご請求します。

    やはり、予算に合わないとそのプランは意味をなしませんから業者に概算見積もりを依頼し、きちんとした内訳を出してもらいます。
    かなり細かく出さないと自主施工などのローコストが盛り込めないので、 見積り用図面をコンピューターで書きます。
    平面図、立面図、断面図 仕上げ表、建具、家具のわかる資料です。
    この作図料金が10万円となります。 

    概算が出て、予算にあってない場合、面積や仕上げを調整し、自主施工による減額などもすりよせます。
    予算に合って、法的にも合致した基本となる設計ができた時が 基本設計の終了時とし、工事費の3%か60万円
    上記の既にいただいていた30万円が引かれていただくのは、30万円となります。

    実際は、着工まで、工事費は、決まらないことが多いので 最低価格を目安とする場合が多くなっております。

    その次に細かい詳細に入ります。
    実施設計と呼ばれるところです。
    模型を作り、外観を確認したり、パースという立体の絵のようなものを描いて空気感を 確かめます。
    もちろん予算とにらみ合いながらですから、ただの夢物語ではありません。
    照明のこと、設備のこと、仕上げのこと、様々なデザインのことを提案し、ご納得いただきます。
    ご納得いただければ、施工できる図面に致します。
    確認申請や構造とのすり寄せも行います。
    この実施設計が終了したところでは工事費がはっきりしますので工事費の6%もしくは120万円から(2000万円以下の工事の場合は) 上記までのステップ料金60万円を引いてご請求いたします。

    なお、設計時、別途かかる費用として下記等があります。

    ◆  構造計算料金
      規模により違いますが、30~50万円です。
      我々は役所から構造計算が義務付けられていなくても、
      構造の専門家をシフトし工事の構造監理までやって
      いただきます。
      これは別途です。
      省略してもよいのですが、できれば実施いただきたい
      と考えます。  

    ◆ 地盤を調査する費用
      6万円程度

    ◆ 役所に支払う申請や中間完了検査手数料
      2万円~15万円

    ◆ その他
       通常の確認申請以外の申請作業は別途となります。
       (長期優良住宅の申請、道路関係の申請等)

    Posted on 2011/02/10 Thu. 23:47 [edit]

    category: 家づくり Lesson

    TB: 0    CM: 0

    10

    コメント

    Comment
    list

    コメントの投稿

    Secret

    Comment
    form

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://planboxstyle.blog.fc2.com/tb.php/331-ced2e899
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    Trackback
    list

    BS blog Ranking
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。