現在、家作りを進行中の皆様。 夢が広がり、ウキウキワクワクしていますか?
    もしも、不安やストレスでヘトヘトだったり、がっかりして気分がへこみそうだったりしたら家づくりの方法が間違っているかもしれません。
    一生に何度もない家作り、肩に力が入り過ぎ、Web、雑誌、ハウスメーカーなど膨大な情報に翻弄され、当初の想いと異なる方向に迷い込むこともよくあります。
    スタート地点であれば軌道修正はさほど難しくありません。計画中ならなおさら。
    家づくりの中心に自分や家族の一番大切にしたい事を、きちんと据えることです。
    「 大切なことは何ですか? 」 それが決まったら言葉や絵やイメージ写真という形で具体的に表現してみることです。
    同じような土地の広さや予算であっても夢がかなう方とかなわない方がいます。
    この「Lesson」では、多くの皆様に夢をかなえる家づくりを現実のものとしていただくための、具体的な情報を提供して参りますので、ご参考になれば幸いです。



    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

    category: スポンサー広告

    TB: --    CM: --

    --

    散らかっていても素敵な家をめざしたい。 


    chi1.jpg
     

    「お客様がいらっしゃるから今日は散らかさないで」
    と、お子様に声がけしてるとしたら、
    それは少し残念だなと思います。

    ダイニングテーブルにお皿が出っ放しでも、
    キッチンが調理の真っ最中でも、
    リビングで家族がダラダラくつろいでいても、
    子供のオモチャや本が散らかってても、
    家は素敵であるべきです。

    イタリアの最高モードのキッチンを入れた主婦が
    キッチンを汚さないためほとんどを外食ですます。
    なんて、笑い話がありましたが、
    散らかさずに暮らすことはある種のストレス。
    心地よい家とは言えません。
    散らかっている時をメインにデザインすべきです。

    散らかってても素敵な家にするコツをあげてみました。

     ☝ 自分の家で散らかるものを調べてその素材感に
       マッチしたインテリア素材にしておく。

     ☝ そこにしまうのが面倒になる複雑な収納をやめ、
       なるべく使っている場所にそのまま置けばよくする。

     ☝ 思い切ってダサいと思う、家具、、食器、調理器具、
       小物 を捨てて、オシャレと思う好みの物だけ
       使うことにする。

     ☝ 徹底的にゴチャゴチャさせるところと
       スッと余白を感じさせるところのメリハリを意識する。

     ☝ 窓や棚を必要以上につけない。

     ☝ 気にしない。

    「お客様がいらっしゃるけど、そのまんまでよいからね。」
    なんて、余裕でお子様に声がけできる、
    ちらかってても素敵な家をめざしていただきたいです。

     例えばこんな感じ 
      ❤ 理科の実験用のシンクでオシャレな演出
      ❤ 廊下を利用した長いホビールーム
      ❤ ダイニング横のスタディルーム

    chi2.jpg 

    Posted on 2014/02/13 Thu. 05:00 [edit]

    category: 家づくり Lesson

    TB: 0    CM: 0

    13

    コメント

    Comment
    list

    コメントの投稿

    Secret

    Comment
    form

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://planboxstyle.blog.fc2.com/tb.php/329-fc29fab9
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    Trackback
    list

    BS blog Ranking
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。