現在、家作りを進行中の皆様。 夢が広がり、ウキウキワクワクしていますか?
    もしも、不安やストレスでヘトヘトだったり、がっかりして気分がへこみそうだったりしたら家づくりの方法が間違っているかもしれません。
    一生に何度もない家作り、肩に力が入り過ぎ、Web、雑誌、ハウスメーカーなど膨大な情報に翻弄され、当初の想いと異なる方向に迷い込むこともよくあります。
    スタート地点であれば軌道修正はさほど難しくありません。計画中ならなおさら。
    家づくりの中心に自分や家族の一番大切にしたい事を、きちんと据えることです。
    「 大切なことは何ですか? 」 それが決まったら言葉や絵やイメージ写真という形で具体的に表現してみることです。
    同じような土地の広さや予算であっても夢がかなう方とかなわない方がいます。
    この「Lesson」では、多くの皆様に夢をかなえる家づくりを現実のものとしていただくための、具体的な情報を提供して参りますので、ご参考になれば幸いです。



    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

    category: スポンサー広告

    TB: --    CM: --

    --

    100年前と10年前と新品の「越前塗り」  


    eti.jpg
     

    木、珪藻土、布、漆、鉄サビ
    みんな、私の好きな素材です。

    小さな越前塗りの可愛いお椀一つにこんなに多くの
    素材が秘められてるんです。
    実は私も最近そのことを知ったんです。面白い!

    白木に珪藻土塗って布を貼り付け何度も漆を塗り重ね磨く。
    漆そのものは飴色。
    漆の独特な朱色は「ベンガラ」簡単に言うと鉄サビの色。
    黒い漆は「松煙」と言って松の煙からできるススの色。

    そもそも、漆塗りのお重は、重厚で、古めかしくて
    カジュアルではないから、ちょっとパスって思ってた。
    最近、骨董屋で手に入れた越前塗りの「こね鉢」が気にいり、
    ぐっと興味がわいてきてました。100年位前のものです。
    (去年8/17のブログでご紹介、水切りカゴとして使ってる)

    そういえば数年前いただいた小さなお椀もハードユース。
    ちょこっと水を飲む時にも軽くて口ざわりが温かい。
    むろん、お味噌汁も手に優しく馴染みます。
    木なので断熱性がよいのですね、アチッとならない。

    この度、福井県に行き、立ち寄った鯖江市の工房で
    越前塗りの工程を知ることができました。
    漆塗りの産地は色々ですが、蒔絵がポイントの豪奢な輪島の
    ものより庶民的な鯖江市の越前塗りはお値段も手頃です。
    材料や作り方がわかるとさらに親しみがわいてきます。

    ショップも併設されていて傷もののお重が市価の1/4!
    よーく見ても傷はわからない。隅に小さく刷毛の跡があるそう。
    早速買って、いつもの冬の根菜煮物を詰めてみました。

    びっくりしたこと。
    自然光より夜の灯りの下で朱色はグッと艶やかさを増す。
    しっとりとした黒を秘めた朱。
    素朴な根菜でも鮮やかに引き立つ。
    本格的なご馳走なら宝石みたいかも。
    薄暗いロウソク位の灯りにしかない時代、
    特別な席に華やいだ色を添えたはず。
    話によると1500年も前からからつくられていたらしいです。

    アイアンの天板にのせてみるとサビつながりか馴染む。
    持つと軽くて優しい。だって珪藻土と木と布なんです漆の下は。
    我が家にある越前塗りを並べました。
    100年前と10年前と新品です。


    Posted on 2014/01/28 Tue. 05:00 [edit]

    category: 家づくり Lesson

    TB: 0    CM: 0

    28

    コメント

    Comment
    list

    コメントの投稿

    Secret

    Comment
    form

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://planboxstyle.blog.fc2.com/tb.php/326-3f09c65e
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    Trackback
    list

    BS blog Ranking
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。