現在、家作りを進行中の皆様。 夢が広がり、ウキウキワクワクしていますか?
    もしも、不安やストレスでヘトヘトだったり、がっかりして気分がへこみそうだったりしたら家づくりの方法が間違っているかもしれません。
    一生に何度もない家作り、肩に力が入り過ぎ、Web、雑誌、ハウスメーカーなど膨大な情報に翻弄され、当初の想いと異なる方向に迷い込むこともよくあります。
    スタート地点であれば軌道修正はさほど難しくありません。計画中ならなおさら。
    家づくりの中心に自分や家族の一番大切にしたい事を、きちんと据えることです。
    「 大切なことは何ですか? 」 それが決まったら言葉や絵やイメージ写真という形で具体的に表現してみることです。
    同じような土地の広さや予算であっても夢がかなう方とかなわない方がいます。
    この「Lesson」では、多くの皆様に夢をかなえる家づくりを現実のものとしていただくための、具体的な情報を提供して参りますので、ご参考になれば幸いです。



    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

    category: スポンサー広告

    TB: --    CM: --

    --

    冬の晴天、一気に上棟。数ヶ月のコツコツがスタート  「 在来工法 」にこだわるワケ 


    名称未設定-1


    朝から緊張感の漂う鋭い声が響きます。
    上棟をキチンと仕切るのが棟梁さんの手腕です。
    数人の大工さんが、軽業師のように、ひょいひょいI
    梁の上を飛び歩き、手際良く組み上がっていきます。

    建物の上棟が終わると青いシートがかぶさります。
    青い箱に入ったケーキのような様相。
    空と一体になってちょっと不思議なモニュメントみたい。

    ケーキの箱が取り払われ外観が現れるのは
    竣工ギリギリです。

    我が社は木造は在来工法のみ。
    ツーバイフォー工法は行えない。

    何が違うのか?
    在来工法は雨が多い日本で生まれた工法。
    上棟の日に一日で大枠の構造が最上階まで組みあがり、
    その数日後には屋根まで上がる。
    屋根を固め、外まわりを固め、じっくり中の工事に集中します。

    ちなみに、ツーバイフォー工法は一層ごとに箱を積むように
    組み立てて行きます。雨の少ないアメリカで生まれました。
    日本においても、短期でリズミカルに施工できる場合は良いと思う。

    しかし、ジックリ取り組みながら現場を進めたい我が社です。
    途中で施主施工もあったるするし、長丁場になることもある。
    パパッとできないから「在来工法」が適しているのです。

    在来と言っても構造計算で部材や金物はキチンと確かめたい。
    地盤調査をした上で考慮された建物の基礎部分は何より大切。
    これもすごくこだわりたいところ。デザインより優先順位が高い。
    大工さんの「感」と「数字の裏づけ」のコラボが重要と考える。

    これから、数ヶ月の先に青いシートが取り払われるまで、
    ジックリした現場の作業が続きます。
    一気に組み上げて、数ヶ月のコツコツです。
    私達の物づくりにはこのリズムがピッタリなのです。


                  

    Posted on 2013/12/31 Tue. 05:00 [edit]

    category: 家づくり Lesson

    TB: 0    CM: 0

    31

    コメント

    Comment
    list

    コメントの投稿

    Secret

    Comment
    form

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://planboxstyle.blog.fc2.com/tb.php/318-f959e18a
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    Trackback
    list

    BS blog Ranking
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。