現在、家作りを進行中の皆様。 夢が広がり、ウキウキワクワクしていますか?
    もしも、不安やストレスでヘトヘトだったり、がっかりして気分がへこみそうだったりしたら家づくりの方法が間違っているかもしれません。
    一生に何度もない家作り、肩に力が入り過ぎ、Web、雑誌、ハウスメーカーなど膨大な情報に翻弄され、当初の想いと異なる方向に迷い込むこともよくあります。
    スタート地点であれば軌道修正はさほど難しくありません。計画中ならなおさら。
    家づくりの中心に自分や家族の一番大切にしたい事を、きちんと据えることです。
    「 大切なことは何ですか? 」 それが決まったら言葉や絵やイメージ写真という形で具体的に表現してみることです。
    同じような土地の広さや予算であっても夢がかなう方とかなわない方がいます。
    この「Lesson」では、多くの皆様に夢をかなえる家づくりを現実のものとしていただくための、具体的な情報を提供して参りますので、ご参考になれば幸いです。



    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

    category: スポンサー広告

    TB: --    CM: --

    --

    都市型住居のギャラリー玄関 


    gal111.jpg 

    設計の打ち合わせに11/21のブログでご案内させていただいた
    「今の住まいの収納地図」を作ってご持参いただけたTさん。

    丁寧に書き込んでくださって、ありがとうございました。
    調度、収納どう考えるか悩んでいたのでストライクなブログだったとのこと。

    一つ一つの収納の場所には様々なエピソードが詰まっています。
    「これまで住んできた家の収納地図」は家族の歴史。
    何とか便利にと思い、捻出された収納場所が都市が発展するような感じで伸びています。
    これはこれで便利そう。ご本人達にとってはご不満でも。
    これをもっと研ぎ澄ませれば理想の物の配置はおのずとできそう。
    無理して「収納しよう」と思わずに自然に物が着地できる工夫をしたい。

    まず、たたき台にのせていただいことでかなりの糸口がつかめそうです。
    お恥ずかしいとおっしゃっていましたがTさんにとって宝物の資料となるはずです。

    「収納地図」をたよりに新居の収納を工夫するとして、
    さて、家って物がキレイに閉じ込められていたらいいのでしょうか?
    物が便利にコンパクトにしまわれると余裕が生まれます。
    さて、余裕が生まれた時間やスペースで何しましょう。

    色々なご趣味の物をお持ちのTさんには「ギャラリー玄関」を提案したいです。

    都市型で長いアプローチが外に取れないため室内に路地のような空間です。
    二階のLDKに上がる階段までのトリップ。

    お持ちの陶器コレクションや行事物をここにディスプレイ。
    眠っているお気に入りの品物を時々ステージに上げることで、
    その品物の別の魅力に出会えるかもしれません。
    その他、生活グッズだって立派な展示物。
    趣味の織り機などの展示も良いですね。
    お子様のダンボール作品や古い本だって素敵です。

    ここは夜遅く帰られるご主人のためにホッと我が家を感じる場所。
    小さなペンダント照明はLEDにして消さずにおきましょう。
    タイマーにしておいても良い。
    外からスリットで灯りがチラリと見えて嬉しい。

    こんな風な楽しさに変わるなら収納地図のような煩雑な作業も苦にならない。
    いかがでしょうか?

    gal2.jpg 


                  

    Posted on 2013/12/11 Wed. 05:00 [edit]

    category: 家づくり Lesson

    TB: 0    CM: 0

    11

    コメント

    Comment
    list

    コメントの投稿

    Secret

    Comment
    form

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://planboxstyle.blog.fc2.com/tb.php/313-7e9eca60
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    Trackback
    list

    BS blog Ranking
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。