現在、家作りを進行中の皆様。 夢が広がり、ウキウキワクワクしていますか?
    もしも、不安やストレスでヘトヘトだったり、がっかりして気分がへこみそうだったりしたら家づくりの方法が間違っているかもしれません。
    一生に何度もない家作り、肩に力が入り過ぎ、Web、雑誌、ハウスメーカーなど膨大な情報に翻弄され、当初の想いと異なる方向に迷い込むこともよくあります。
    スタート地点であれば軌道修正はさほど難しくありません。計画中ならなおさら。
    家づくりの中心に自分や家族の一番大切にしたい事を、きちんと据えることです。
    「 大切なことは何ですか? 」 それが決まったら言葉や絵やイメージ写真という形で具体的に表現してみることです。
    同じような土地の広さや予算であっても夢がかなう方とかなわない方がいます。
    この「Lesson」では、多くの皆様に夢をかなえる家づくりを現実のものとしていただくための、具体的な情報を提供して参りますので、ご参考になれば幸いです。



    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

    category: スポンサー広告

    TB: --    CM: --

    --

    美肌と日陰パティオの素敵な関係 


    riyou.jpg


    「自分の楽しみを最大限生かす家を作りたい。
    公園と映画館に歩いて行ける場所に。
    タクシーのワンメーター位でも良いかなと、
    それで、この敷地に決めました。」

    平野さんが3年前、我が社にいらした時のお話です。
    本を書いていらっしゃる知的でオシャレな女性。

    お子様も自立されて、ご主人とお二人のための
    小さくて理想的なパティオ型住宅のお手伝いを
    させていただきました。

    今年になって彼女から一冊の本が届きました。
    それが何と、「肌断食」という本。
    内容はとにかく目からウロコです。
    スキンケアを一切やめて美肌になった
    ご自身の記録が、写真と共に克明に綴られています。

    また、平野さんの実年齢がわかりもう一度ビックリです。
    60代後半とは思えない。見返しページの美しい肌のお写真に
    じっと見入ってしまいます。

    紫外線さえ浴びなければ肌は何のスキンケアもいらず
    若く美しく保てるとのこと。実体験なので説得力大。
    すごく読み応えのある一冊です。

    この本で、ご自宅の設計の際、
    とてもよい提案が設計者からあったという一節があります。
    紫外線を浴びずに外で読書や食事を楽しむ平野さんのパティオに
    キッチンからの受け渡しカウンターをつけること。
    料理の出し入れが便利で大変、気に入ってらっしゃいます。
    パティオ利用率は我が社でおそらくNO1。
    我々の提案が平野さんの美肌に貢献できたと思うと嬉しいです。

    ただ、実はこのような魅力的なパティオはコスト面では難しい。

    お子様の成長期でなるべく室内床を増やしたい場合やむなく諦める方
    も多いのです。

    家での過ごし方がお子様中心から変化された時に増築の工夫で
    建て替えなくてもパティオができるプランはいかがでしょうか?

    60代からでも20年以上は豊かな時間があるのですから、
    その時にユッタリ利用されるのはどうでしょうか。

    riyou2.jpg

                  

    Posted on 2013/12/07 Sat. 05:00 [edit]

    category: 家づくり Lesson

    TB: 0    CM: 0

    07

    コメント

    Comment
    list

    コメントの投稿

    Secret

    Comment
    form

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://planboxstyle.blog.fc2.com/tb.php/312-001644b7
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    Trackback
    list

    BS blog Ranking
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。