現在、家作りを進行中の皆様。 夢が広がり、ウキウキワクワクしていますか?
    もしも、不安やストレスでヘトヘトだったり、がっかりして気分がへこみそうだったりしたら家づくりの方法が間違っているかもしれません。
    一生に何度もない家作り、肩に力が入り過ぎ、Web、雑誌、ハウスメーカーなど膨大な情報に翻弄され、当初の想いと異なる方向に迷い込むこともよくあります。
    スタート地点であれば軌道修正はさほど難しくありません。計画中ならなおさら。
    家づくりの中心に自分や家族の一番大切にしたい事を、きちんと据えることです。
    「 大切なことは何ですか? 」 それが決まったら言葉や絵やイメージ写真という形で具体的に表現してみることです。
    同じような土地の広さや予算であっても夢がかなう方とかなわない方がいます。
    この「Lesson」では、多くの皆様に夢をかなえる家づくりを現実のものとしていただくための、具体的な情報を提供して参りますので、ご参考になれば幸いです。



    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

    category: スポンサー広告

    TB: --    CM: --

    --

    アンティークショップ「DEMODE10」       目が暗さに慣れるまで待って 


    DEMODE10-1.jpg

     チェスト選びにおなじみのアンティークショップ
     に行きました。

     通りから入ると暗いので、まずは何にも見えないです。
     暗さに目が慣れるまで詳しく見るのを
     チョット我慢します。

     その間は店主と雑談などできるといいですよね。
     しかし、無愛想だと話しかけるの勇気いるかもしれません。

     話すと面白い人は多いのですよ。
     だって何せ骨董屋の店主だもの。

     暗さになれるとポツリポツリと店の中が見えてくる。
     色々、値段聞いたり、由来聞いたり、
     30分位いると、最初の印象とは違った世界が見える。
     チョットした旅行の気分。試してみて下さい。

     「DEMODE10」
     目黒区駒沢の松見坂にポツンとあります。
     このお店は、商品をスタッフが自分で買い付けに行って
     店に置いてるとのこと。
     店主が商品の選択をスタッフに任せているようです。
     面白いシステム。
     スタッフの方と気軽に商品の雑談ができて良い感じ。
     親しみやすい若い女性でアンティーク好き。

     ちなみに我が社のダイニングのチェアはここで買いました。
     7年前です。違うスタッフ(こだわりの若い男性)でした。
     ちょっとだけ今のお店のテイストとは違います。

     今はシャビーなフレンチが多い。女性らしい感じ。
     彼女、これから買い付けの旅に出るそうです。
     どんなもの買ってくるのか楽しみです。

    DEMODE10-2.jpg 

                  

    Posted on 2013/11/05 Tue. 05:00 [edit]

    category: Essay

    TB: 0    CM: 0

    05

    コメント

    Comment
    list

    コメントの投稿

    Secret

    Comment
    form

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://planboxstyle.blog.fc2.com/tb.php/304-1ffb5e29
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    Trackback
    list

    BS blog Ranking
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。