現在、家作りを進行中の皆様。 夢が広がり、ウキウキワクワクしていますか?
    もしも、不安やストレスでヘトヘトだったり、がっかりして気分がへこみそうだったりしたら家づくりの方法が間違っているかもしれません。
    一生に何度もない家作り、肩に力が入り過ぎ、Web、雑誌、ハウスメーカーなど膨大な情報に翻弄され、当初の想いと異なる方向に迷い込むこともよくあります。
    スタート地点であれば軌道修正はさほど難しくありません。計画中ならなおさら。
    家づくりの中心に自分や家族の一番大切にしたい事を、きちんと据えることです。
    「 大切なことは何ですか? 」 それが決まったら言葉や絵やイメージ写真という形で具体的に表現してみることです。
    同じような土地の広さや予算であっても夢がかなう方とかなわない方がいます。
    この「Lesson」では、多くの皆様に夢をかなえる家づくりを現実のものとしていただくための、具体的な情報を提供して参りますので、ご参考になれば幸いです。



    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

    category: スポンサー広告

    TB: --    CM: --

    --

    大きく育つ小さな家                 by プランボックス 

     

    sodatsu1.jpg
      
      一度プランのお話をいただいて、土地を見に行ったところ、
      膝まで沈むくらいのぬかるんだ敷地で、
      残念ながらその敷地での計画は中止でした。

      それから一年以上経って、
      また、土地が見つかったというお話で、
      その敷地におうかがいしたら、
      豊かな自然に囲まれた大きな敷地でした。
      敷地はフラットで安心です。
      アクアラインを使うと銀座にも30分というアクセス。
      お聞きすると驚くべき安さです。それに、広い。

      早速プランにとりかかります。
      Mさんは御主人のお母様との2世帯住宅の。
      小さな生まれたての赤ちゃんが1人いる若いご夫妻です。

      大枠のプランも決まり、やがて概算見積もりが出ました。
      うーん、やはり2割のオーバーです。
      実は、だいたいの家が2割のオーバーなのですよ。
      2割のシェイプは小住宅とってかなり厳しい。

      L型プランを整形にしたらもっと広くなるのでは
      という考えも。
      確かに変形させると周長が延びてコストは確実に
      アップします。

      でも、私達はこの広い敷地をあとあと大きく育てるために
      あえて面積は小さくなってもL型をおすすめしました。

      2世帯住宅でお母様のエリアを少し落ち着いたところに、
      設定したかったし、
      何より御主人のアウトドアの趣味が凄くダイナミックで、
      「所さんの世田谷ベース」
      みたいな感じがご希望だったので。

      お子様の数が増えて(5年で3人とのこと)
      趣味の規模が拡大して、
      どんどんと外に向かって育ち続ける家のイメージです。

    sodatsu2.jpg
    sodatsu3.jpg
    sodatsu42.jpg
    sodatsu5.jpg
                  

    Posted on 2013/10/10 Thu. 05:00 [edit]

    category: 家づくり Lesson

    TB: 0    CM: 0

    10

    コメント

    Comment
    list

    コメントの投稿

    Secret

    Comment
    form

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://planboxstyle.blog.fc2.com/tb.php/294-33184aaf
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    Trackback
    list

    BS blog Ranking
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。