現在、家作りを進行中の皆様。 夢が広がり、ウキウキワクワクしていますか?
    もしも、不安やストレスでヘトヘトだったり、がっかりして気分がへこみそうだったりしたら家づくりの方法が間違っているかもしれません。
    一生に何度もない家作り、肩に力が入り過ぎ、Web、雑誌、ハウスメーカーなど膨大な情報に翻弄され、当初の想いと異なる方向に迷い込むこともよくあります。
    スタート地点であれば軌道修正はさほど難しくありません。計画中ならなおさら。
    家づくりの中心に自分や家族の一番大切にしたい事を、きちんと据えることです。
    「 大切なことは何ですか? 」 それが決まったら言葉や絵やイメージ写真という形で具体的に表現してみることです。
    同じような土地の広さや予算であっても夢がかなう方とかなわない方がいます。
    この「Lesson」では、多くの皆様に夢をかなえる家づくりを現実のものとしていただくための、具体的な情報を提供して参りますので、ご参考になれば幸いです。



    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

    category: スポンサー広告

    TB: --    CM: --

    --

    藍色の陶器 


    ai1.jpg 

    藍色が好き。
    たとえば  ジーンズ、シャツ、浴衣、手ぬぐい。
    落ち着きます。

    色物は少し緊張して身につけます。似合うかどうか心配で。

    でも、生成り色や藍色は文句なく自然に手に取れる。
    体の延長線上にある色というイメージ。

    だからトルコのモスクも
    藍色タイル模様の集積で、
    空間は天井高くて圧倒されたけど
    懐かしくって緊張しなかった。

    藍色って呼吸を落ちつかせたり
    鎮静効果があるのだそう。

    ヒートアップする癖のある私に必要なんだねきっと。
    いつもバタバタ、自他ともに認める過動症。

    写真の3個は別々に手に入れました。

    ●手前の手描きタイルは萩市の骨董屋で日本の古い建物のもの。
    一万円位。蚊取り線香台に使っています。

    ●後ろのタイルは古道具やこれは素性がわかりません。
    2千円位。植木鉢置きに。

    ●そして、小さな器はトルコのボロ市。
    30円と安いです。喫煙家のお客様用一人灰皿として活用。

    本当はモスクの藍色タイルが欲しかったのだけど
    本物の古いのは一枚10万円もするのです。

    バラバラだけど私の鎮静効果に役立つ大切な藍色グッズ。
    感謝してます。

    ai2.jpg 
                  

    Posted on 2013/09/01 Sun. 05:00 [edit]

    category: Essay

    TB: 0    CM: 0

    01

    コメント

    Comment
    list

    コメントの投稿

    Secret

    Comment
    form

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://planboxstyle.blog.fc2.com/tb.php/269-cb49f76f
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    Trackback
    list

    BS blog Ranking
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。