現在、家作りを進行中の皆様。 夢が広がり、ウキウキワクワクしていますか?
    もしも、不安やストレスでヘトヘトだったり、がっかりして気分がへこみそうだったりしたら家づくりの方法が間違っているかもしれません。
    一生に何度もない家作り、肩に力が入り過ぎ、Web、雑誌、ハウスメーカーなど膨大な情報に翻弄され、当初の想いと異なる方向に迷い込むこともよくあります。
    スタート地点であれば軌道修正はさほど難しくありません。計画中ならなおさら。
    家づくりの中心に自分や家族の一番大切にしたい事を、きちんと据えることです。
    「 大切なことは何ですか? 」 それが決まったら言葉や絵やイメージ写真という形で具体的に表現してみることです。
    同じような土地の広さや予算であっても夢がかなう方とかなわない方がいます。
    この「Lesson」では、多くの皆様に夢をかなえる家づくりを現実のものとしていただくための、具体的な情報を提供して参りますので、ご参考になれば幸いです。



    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

    category: スポンサー広告

    TB: --    CM: --

    --

    建築後でも可能 ローコストな木のフレーム        by プランボックス  


    木製フレーム2


       S邸は都市の極小敷地ですので、
       敷地内に緑の庭を広く持つことは不可能でした。

       しかし、敷地が面する北側に隣家の素敵なお庭が。

       この借景をうまくインテリアに溶け込ませるために
       ピクチャーウインドウを設けました。

       予算の都合でアルミサッシ。
       しかし、味気無い。
       連窓サッシのつなぎの部分のアルミは
       特別に無骨なのです。

       何とかカバーができないかと考えて、
       アルミを木のフレームで隠すとに。

       ローコスな板材でおおったところ
       こんな素敵なフレームができました。

       ちょっと北欧風な素朴で力強い感じが
       むしろ木サッシより良かったかも。

       もちろんこのような処理は建築後にも可能です。
       パカッとはめるだけでよいので。
       リフォームの手法です。
       もしも、ご自分の家のアルミが気になる部分があれば
       お気軽にお試しを。

       打ち明け話ですが、
       本でもいくつか紹介しているこんな工夫は
       実は、ほとんどが現場のアドリブ。

       最初から仕込んでいる訳ではない。
       ア~どうしよう…という脳の中の冷や汗が
       逆転勝ちの工夫に結びついたもの。
       最初から仕込めれば、天才なのですが、ね。
       そんなことは無い。

    【 プランボックス Concept 】
       

    Posted on 2013/08/16 Fri. 08:17 [edit]

    category: 家づくり Lesson

    TB: 0    CM: 0

    16

    コメント

    Comment
    list

    コメントの投稿

    Secret

    Comment
    form

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://planboxstyle.blog.fc2.com/tb.php/252-c7d438b8
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    Trackback
    list

    BS blog Ranking
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。