現在、家作りを進行中の皆様。 夢が広がり、ウキウキワクワクしていますか?
    もしも、不安やストレスでヘトヘトだったり、がっかりして気分がへこみそうだったりしたら家づくりの方法が間違っているかもしれません。
    一生に何度もない家作り、肩に力が入り過ぎ、Web、雑誌、ハウスメーカーなど膨大な情報に翻弄され、当初の想いと異なる方向に迷い込むこともよくあります。
    スタート地点であれば軌道修正はさほど難しくありません。計画中ならなおさら。
    家づくりの中心に自分や家族の一番大切にしたい事を、きちんと据えることです。
    「 大切なことは何ですか? 」 それが決まったら言葉や絵やイメージ写真という形で具体的に表現してみることです。
    同じような土地の広さや予算であっても夢がかなう方とかなわない方がいます。
    この「Lesson」では、多くの皆様に夢をかなえる家づくりを現実のものとしていただくための、具体的な情報を提供して参りますので、ご参考になれば幸いです。



    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

    category: スポンサー広告

    TB: --    CM: --

    --

    存在感を無くした動く壁「太鼓ふすま」  


    husuma2.jpg

      和室に限らず我が社ではふすまをよく提案します。
      板戸の半分の値段です。

      軽くて柔らかい存在感なので大きな建具でも
      圧迫感がありません。

      和紙の素材感は日本人に心地いいものです。
      素肌に触れても温かい。

      この写真の家では閉めた時、
      壁のように見せたかったので
      襖紙をあえて珪藻土色のシンプルなものにしました。

      ( もしも、ポイントとして楽しみたいなら
       無限のバリエーション。和紙の世界は楽しく深いです。
       別の機会にご紹介したいです。)

      太鼓張りといって縁のない張り方をしてもらうと
      より存在感を無くせます。
      このようなふすまを「太鼓ふすま」と言います。

      小口の真ん中にある細い溝に裏と表の和紙を
      押し込んでとめる職人技。
      シロウトの張替えは難しくなります。

      引き手は開け閉めの頻度のない場合
      思い切って省略することもあります。

    【 プランボックス Concept 】
                 

    Posted on 2013/08/13 Tue. 04:13 [edit]

    category: 家づくり Lesson

    TB: 0    CM: 0

    13

    コメント

    Comment
    list

    コメントの投稿

    Secret

    Comment
    form

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://planboxstyle.blog.fc2.com/tb.php/249-ad43b86a
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    Trackback
    list

    BS blog Ranking
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。