現在、家作りを進行中の皆様。 夢が広がり、ウキウキワクワクしていますか?
    もしも、不安やストレスでヘトヘトだったり、がっかりして気分がへこみそうだったりしたら家づくりの方法が間違っているかもしれません。
    一生に何度もない家作り、肩に力が入り過ぎ、Web、雑誌、ハウスメーカーなど膨大な情報に翻弄され、当初の想いと異なる方向に迷い込むこともよくあります。
    スタート地点であれば軌道修正はさほど難しくありません。計画中ならなおさら。
    家づくりの中心に自分や家族の一番大切にしたい事を、きちんと据えることです。
    「 大切なことは何ですか? 」 それが決まったら言葉や絵やイメージ写真という形で具体的に表現してみることです。
    同じような土地の広さや予算であっても夢がかなう方とかなわない方がいます。
    この「Lesson」では、多くの皆様に夢をかなえる家づくりを現実のものとしていただくための、具体的な情報を提供して参りますので、ご参考になれば幸いです。



    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

    category: スポンサー広告

    TB: --    CM: --

    --

    子供の勉強場所はタイプに合わせて            by プランボックス 


    Ysan1

    ダイニングで勉強すると子供の頭がよくなる
    という説が流行りました。
    我が社でもダイニング横の勉強コーナーがおなじみに。

    しかしこの風潮、子供のためというより親の管理に
    便利という理由の方が大きくなってないでしょうか。

    「自分の世界に入って集中することが好き」
    というタイプの子供にとっては、
    ダイニングのような団欒に近い場所では気分がのりません。
    (実は、私がそんな子供でした)

    Yさんのお子様は特殊な集中力のあるタイプ。
    彼の一番のお気に入りの勉強場所が吹き抜けに面したこの廊下。
    彼はここで寝転んで、本を読んだり、考え事をしたり、
    宿題したりしているみたい。友達が来てもここで皆でゴロゴロ。

    手すり壁にスッポリ体が隠れるのですが、
    料理の音やテレビの音がいい具合に入ってきます。
    近くに本棚やパソコンもあるので自分ですぐに調べられるし。
    将来、カフェの雑踏が集中に何よりというタイプになるのかも。

    ところで、彼はエコでノーベル賞を狙っているそうです。
    彼の集中力なら、リアルな夢だと思います。
    是非、頑張って欲しいものです。

    図面はY邸を元にした典型的なプランの例。
    ご参考になればと思います。
    Ysan2.jpg


    【 プランボックス Concept 】
                 

    Posted on 2013/07/18 Thu. 09:23 [edit]

    category: 家づくり Lesson

    TB: 0    CM: 0

    18

    コメント

    Comment
    list

    コメントの投稿

    Secret

    Comment
    form

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://planboxstyle.blog.fc2.com/tb.php/220-6ec11d97
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    Trackback
    list

    BS blog Ranking
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。