現在、家作りを進行中の皆様。 夢が広がり、ウキウキワクワクしていますか?
    もしも、不安やストレスでヘトヘトだったり、がっかりして気分がへこみそうだったりしたら家づくりの方法が間違っているかもしれません。
    一生に何度もない家作り、肩に力が入り過ぎ、Web、雑誌、ハウスメーカーなど膨大な情報に翻弄され、当初の想いと異なる方向に迷い込むこともよくあります。
    スタート地点であれば軌道修正はさほど難しくありません。計画中ならなおさら。
    家づくりの中心に自分や家族の一番大切にしたい事を、きちんと据えることです。
    「 大切なことは何ですか? 」 それが決まったら言葉や絵やイメージ写真という形で具体的に表現してみることです。
    同じような土地の広さや予算であっても夢がかなう方とかなわない方がいます。
    この「Lesson」では、多くの皆様に夢をかなえる家づくりを現実のものとしていただくための、具体的な情報を提供して参りますので、ご参考になれば幸いです。



    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

    category: スポンサー広告

    TB: --    CM: --

    --

    総2階住宅のシェイプアップの事例  [後編] by プランボックス 


    完成1

    完成3

    ・・・ 前回より続く ・・・

    アールの床に貼った石はキチンと壁のアールにそってカットされています。
    梁や、窓枠の一つ一つにはコツコツとしたダメージが施されています。
    いい具合で塗られた壁のペンキは、良い感じになるまで何度もやったとか。
    壁の珪藻土は絶妙なころ合いで雰囲気がでてます。

    一番聞きたかったことを私は質問しました。
    「なぜ、奥様は何も設計中お話にならなかったのですか?」

    「あーそれは、設計中は、自分のやりたいことが予算によって、ことごとくできなくて、ムカムカしていたのです。
    何かカットしても、とてもできるようには思えず、何で家づくりしたのかと腹が立つくらいでした。
    でも、自主施工になって、自分で やり始めたら、 手を動かせば、やりたいことが思い通りになるとわかり、 すごく安心できたのです。」

    ニッコリと笑って快活に答えてくださったOさんの奥様。

    そうか!  そうだったのか!!  よかった です。

    ところでO邸のシェイプアップ。床面積のカットと共に、2階LDKによくある 勾配天井や、バルコニー、開放ロフト、吹き抜け
    がありません。いわゆるプレーンな総 2 階。バルコニーを無くしたことで掃き出し窓が無いので家具を置く、インテリアが楽しめる壁が多くできました。

    平屋があると、総2階より、基礎、屋根の面積が多くなりコストアップになります。

    完成4

    完成2

    【 プランボックス Concept 】
                 

    Posted on 2013/06/13 Thu. 05:00 [edit]

    category: 家づくり Lesson

    TB: 0    CM: 0

    13

    コメント

    Comment
    list

    コメントの投稿

    Secret

    Comment
    form

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://planboxstyle.blog.fc2.com/tb.php/183-4ecdcc0c
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    Trackback
    list

    BS blog Ranking
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。