現在、家作りを進行中の皆様。 夢が広がり、ウキウキワクワクしていますか?
    もしも、不安やストレスでヘトヘトだったり、がっかりして気分がへこみそうだったりしたら家づくりの方法が間違っているかもしれません。
    一生に何度もない家作り、肩に力が入り過ぎ、Web、雑誌、ハウスメーカーなど膨大な情報に翻弄され、当初の想いと異なる方向に迷い込むこともよくあります。
    スタート地点であれば軌道修正はさほど難しくありません。計画中ならなおさら。
    家づくりの中心に自分や家族の一番大切にしたい事を、きちんと据えることです。
    「 大切なことは何ですか? 」 それが決まったら言葉や絵やイメージ写真という形で具体的に表現してみることです。
    同じような土地の広さや予算であっても夢がかなう方とかなわない方がいます。
    この「Lesson」では、多くの皆様に夢をかなえる家づくりを現実のものとしていただくための、具体的な情報を提供して参りますので、ご参考になれば幸いです。



    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

    category: スポンサー広告

    TB: --    CM: --

    --

    ナチュラルで心地の良い家を作るために、       リラックスできる場所で考えましょう。 


    リラックス1 

    今、プランのステップをされている方が何人かいらしゃいます。

    最近は、直接お会いしての打ち合わせをしないで、
    メールなどで進めるやり取りが増えてきました。

    我が社も以前は直接ご来社いただき、進めることが主流でした。
    震災の時、お客様と打ち合わせが、なかなか設定ししにくく、
    メールでやり取りをしてみたら、思いのほかメリットがあり、
    その方式を今でも使っているというわけです。

    中には初期相談のみご来社いただき、空気感の一致を確かめていただいたら
    あとは全てをお会いせず進めている方がいらしゃいます。
    遠方の方や、小さなお子様を育てていらっしゃる方などです。

    メールやり取りの一番は良い点は、ご自身の一番ユックリできる場所で
    好きな時間にチェックできて、よく考えられるという点です。
    そして、ご家族での話し合いに休日の時間を有効に使えることです。

    我々はとの打ち合わせだと、ついつい我々の言葉に素早く反応しなければ、
    が先に立ち、ユックリ自分モードで考えられない。
    逆にいうと、契約をあせるメーカーなどはドンドン詰め寄ってきて
    相手に考える隙を与えません。

    我々は情報を、奥様の携帯、ご自宅のパソコン、ご主人の会社のパソコン
    などに同時に送ったりします。
    そして、それぞれの空いている時間で見ていただいて、ユックリ考える。
    休日などはご夫妻でご自宅のダイニングやテラスでそれを話し合う。
    食事中でも、テレビを見ながらでも、お子様と遊びながらでもできます。

    リラックスした場所で考えると本当に大切なものがよくわかる。

    デザインのプレゼンや、工事費のご説明など、顔色がわかった方がよいという場合や、
    細かい内容を充分説明したい場合、ご来社いただいております。

    また、会って色々ご相談されたい方がナチュラルにできるという方には
    ご来社をお願いしております。
    我々二人の掛け合い漫才の隠れファンという希有な方もいらっしゃいました。
    ご夫妻だけで、ご自宅でやってるとなぜか緊張感がただようとのことでした。

    リラックス2



     

    Posted on 2013/06/08 Sat. 09:31 [edit]

    category: 家づくり Lesson

    TB: 0    CM: 0

    08

    コメント

    Comment
    list

    コメントの投稿

    Secret

    Comment
    form

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://planboxstyle.blog.fc2.com/tb.php/178-dff8986b
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    Trackback
    list

    BS blog Ranking
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。