現在、家作りを進行中の皆様。 夢が広がり、ウキウキワクワクしていますか?
    もしも、不安やストレスでヘトヘトだったり、がっかりして気分がへこみそうだったりしたら家づくりの方法が間違っているかもしれません。
    一生に何度もない家作り、肩に力が入り過ぎ、Web、雑誌、ハウスメーカーなど膨大な情報に翻弄され、当初の想いと異なる方向に迷い込むこともよくあります。
    スタート地点であれば軌道修正はさほど難しくありません。計画中ならなおさら。
    家づくりの中心に自分や家族の一番大切にしたい事を、きちんと据えることです。
    「 大切なことは何ですか? 」 それが決まったら言葉や絵やイメージ写真という形で具体的に表現してみることです。
    同じような土地の広さや予算であっても夢がかなう方とかなわない方がいます。
    この「Lesson」では、多くの皆様に夢をかなえる家づくりを現実のものとしていただくための、具体的な情報を提供して参りますので、ご参考になれば幸いです。



    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

    category: スポンサー広告

    TB: --    CM: --

    --

     「寝るだけ」でない寝室のすすめ 

      色んな使い方を工夫できる多目的スペース  
    MBRtop.jpg

    寝室を寝るだけの空間とすると、スペースやコストに無駄を感じてしまいます。よくあるのはクローゼットを寝室に入れるパターンですが、これも玄関からの動線を考えると特に寝室にクローゼットがある必要もなく、いわゆるウォークインクロゼットで寝室を通過しなくてもクローゼットに入れるようにドアをつけるのもよいと思います。
    また、ロフトを設けて、屋根裏部屋ごとくご主人の趣味を楽しむ空間としたり、最近は、少し広めにして、寝る前にお茶やお酒を楽しむなど+αの機能を持たせる例が増えてきています。
    特にクローゼットに関しては、2怪に寝室と一緒にするとかなり長い動線となりますので、設置場所を検討すると同時に、ウォークインクロゼットであれば、広めにして鏡なども設置し、その中で着替えて
    身だしなみを整えることができるようにするのも効率的です。
    BR1.jpg     BR2.jpg 
    ただし、主に夜寝るための寝室では、開放感より、安心感や落ち着きを重視する必要があります。小さなベットルームでも、仕上げ方や明るさなどに工夫すれば、十分に心地よい空間がつくれます。仮に「寝るだけで最小限の空間でいい」と考えるなら、ベットの両脇に20~30cm程度のゆとりがあれば、十分です。
    風通しを考えて、開口部は最低2ヶ所とりたいものです。そのうち1ヶ所は廊下などに通じる窓でも結構です。ただし、寝室もリビングと同様に、窓が多いより壁で囲まれていた方が落ち着きます。特に、ベッドヘッドのまわりは、窓をつけずに壁にすることをおすすめします。枕元に窓があると明るさを調整しにくく、冷気が入って体を冷やしやすくなるからです。ベットヘッド側に窓をとるなら、ガラスブロックやハイサイドライトにするなどの配慮をしてください。
    内装はぬくもり感があり、調湿作用にもすぐれた塗り壁がベストです。お客様の目に触れないプライベートスペースですから、DIYで作ることも一考です。ヘッドボードのないタイプのベットを使うなら、腰の高さまで板張りにするのが良いようです。ペイントもほどこせばより手作り感があり、あたたかい雰囲気になります。
    寝室の心地よさを高めるもう一つのポイントは、照明のタイプと高さです。天井につけるシーリングライトではなく、壁づけのブラケットをやや低い位置(床から190cmくらい)にとりつけると、点灯した時にまぶしくなく、重心が低くなるためくつろぎ感も出ます。ホテルで良く見かけるフラットライトも雰囲気がでます。
    mbr4.gif  mbr2.gif  mbr3.gif mbr1.gif  
    mbr6.gif  mbr8.gif  mbr7.gif  mbr5.gif 
     ↑ クリックすると拡大します。 
    寝室 お茶



     

    Posted on 2013/02/07 Thu. 18:21 [edit]

    category: 家づくり Lesson

    thread: 住宅・不動産  -  janre: ライフ

    tag: ナチュラル  自然素材    注文住宅  無垢  シンプル 
    TB: 0    CM: 0

    07

    コメント

    Comment
    list

    コメントの投稿

    Secret

    Comment
    form

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://planboxstyle.blog.fc2.com/tb.php/16-43a45546
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    Trackback
    list

    BS blog Ranking
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。