現在、家作りを進行中の皆様。 夢が広がり、ウキウキワクワクしていますか?
    もしも、不安やストレスでヘトヘトだったり、がっかりして気分がへこみそうだったりしたら家づくりの方法が間違っているかもしれません。
    一生に何度もない家作り、肩に力が入り過ぎ、Web、雑誌、ハウスメーカーなど膨大な情報に翻弄され、当初の想いと異なる方向に迷い込むこともよくあります。
    スタート地点であれば軌道修正はさほど難しくありません。計画中ならなおさら。
    家づくりの中心に自分や家族の一番大切にしたい事を、きちんと据えることです。
    「 大切なことは何ですか? 」 それが決まったら言葉や絵やイメージ写真という形で具体的に表現してみることです。
    同じような土地の広さや予算であっても夢がかなう方とかなわない方がいます。
    この「Lesson」では、多くの皆様に夢をかなえる家づくりを現実のものとしていただくための、具体的な情報を提供して参りますので、ご参考になれば幸いです。



    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

    category: スポンサー広告

    TB: --    CM: --

    --

    商店街の中のモスクは究極の「リビング」                   In Istanbul 


    イスタンブール2

    すみません。m(_ _)m
    話が少し長く、かつデータが重くなってしまい・・・ で、

    小さな入り口が、鳥肉を焼いているお店の横にあります。
    ぐるぐる細い階段を登ると誰しも思わず息を呑む空間がそこに。
    天空に開放されるような浮遊間。

    美しい? 優雅? 荘厳?
    いや、違うぞ。
    そう! 「なつかしい」
    そして 「やさしい」
    お母さんのお腹の中での記憶に近い。
    ずーっと居たい、何もしないで。

    商店街の中に後からモスクができたと思ったのは間違い。
    実はモスクの経済的維持のために計画的に一階を商店にしたのだそうです。
    徐々に周囲にお店が増えて大きなマーケットになったそう。
    お金がない人でも自由に使えるためにですって!  素敵
    だから、美しい空間がプライスレスで楽しめる。
    分厚いコーランも無料で用意されている。

    毎日、毎日小さい時からこんな美しいインテリアでくつろげる彼らは、本当にぜいたくですよね。

    私は思いました。
    これが、本当の意味での「リビング」なのではないかと。
    毎日使っている人だけでなく、ちょっとお邪魔した来訪者もくつろいで開放されて、幸せを感じて帰っていけるのですから。

    日頃から、「リビング」って住宅の中で何の意味があるの?
    と思ってた私にいいヒントが与えられた瞬間でした。

    イスタンブール1

    イスタンブール3


    Posted on 2013/05/16 Thu. 05:00 [edit]

    category: Essay

    thread: 住宅・不動産  -  janre: ライフ

    TB: 0    CM: 0

    16

    コメント

    Comment
    list

    コメントの投稿

    Secret

    Comment
    form

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://planboxstyle.blog.fc2.com/tb.php/155-ddbce6e5
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    Trackback
    list

    BS blog Ranking
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。