現在、家作りを進行中の皆様。 夢が広がり、ウキウキワクワクしていますか?
    もしも、不安やストレスでヘトヘトだったり、がっかりして気分がへこみそうだったりしたら家づくりの方法が間違っているかもしれません。
    一生に何度もない家作り、肩に力が入り過ぎ、Web、雑誌、ハウスメーカーなど膨大な情報に翻弄され、当初の想いと異なる方向に迷い込むこともよくあります。
    スタート地点であれば軌道修正はさほど難しくありません。計画中ならなおさら。
    家づくりの中心に自分や家族の一番大切にしたい事を、きちんと据えることです。
    「 大切なことは何ですか? 」 それが決まったら言葉や絵やイメージ写真という形で具体的に表現してみることです。
    同じような土地の広さや予算であっても夢がかなう方とかなわない方がいます。
    この「Lesson」では、多くの皆様に夢をかなえる家づくりを現実のものとしていただくための、具体的な情報を提供して参りますので、ご参考になれば幸いです。



    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

    category: スポンサー広告

    TB: --    CM: --

    --

    建ぺい率に含まれない玄関 トレードオフの発想     by プランボックス 


    玄関2

    建ぺい率が40%の25坪の敷地でしたので、玄関を家の外部に作ることにしました。
    屋根の無い玄関であれば建築面積には含まれません。

    雨の日は素早く靴を脱いで中に入らないと濡れてしまいますが、リビングやダイニングが広くなるのですから、それはトレードオフで判断いただきました。
    施主的には、ぜんぜん許容できる範囲でした。

    逆に脱ぎ散らかすことなく下足入れに直行です。
    足の踏み場も無いといった玄関よりもずっとスッキリしていると思いませんか?

    ナチュナルは家に限らず、家づくりは常にトレードオフの発想が大切です。
    何かが必要であれば、何かを犠牲にする。
    自分にとってどちらに価値があるかを判断するのです。

    大切なのは、そのトレードオフのオプション(選択肢)をどれだけご提示できるかです。
    それもまったく異なったプランとして、
    私たち建築家の力量が問われるところです。

    例えば以前ご紹介した「通り土間の家」に限らず、すべての可能性をご提示するのが我がプランボックスのルーティーン、そのためにライフスタイルカルテをご記いただいています。

    玄関1

    玄関3

    【 プランボックス Concept 】
                  

    Posted on 2013/05/08 Wed. 05:00 [edit]

    category: 家づくり Lesson

    thread: 住宅・不動産  -  janre: ライフ

    TB: 0    CM: 0

    08

    コメント

    Comment
    list

    コメントの投稿

    Secret

    Comment
    form

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://planboxstyle.blog.fc2.com/tb.php/147-6c96f874
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    Trackback
    list

    BS blog Ranking
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。