現在、家作りを進行中の皆様。 夢が広がり、ウキウキワクワクしていますか?
    もしも、不安やストレスでヘトヘトだったり、がっかりして気分がへこみそうだったりしたら家づくりの方法が間違っているかもしれません。
    一生に何度もない家作り、肩に力が入り過ぎ、Web、雑誌、ハウスメーカーなど膨大な情報に翻弄され、当初の想いと異なる方向に迷い込むこともよくあります。
    スタート地点であれば軌道修正はさほど難しくありません。計画中ならなおさら。
    家づくりの中心に自分や家族の一番大切にしたい事を、きちんと据えることです。
    「 大切なことは何ですか? 」 それが決まったら言葉や絵やイメージ写真という形で具体的に表現してみることです。
    同じような土地の広さや予算であっても夢がかなう方とかなわない方がいます。
    この「Lesson」では、多くの皆様に夢をかなえる家づくりを現実のものとしていただくための、具体的な情報を提供して参りますので、ご参考になれば幸いです。



    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

    category: スポンサー広告

    TB: --    CM: --

    --

    真鍮製の取っ手・・・ナチュラルな家のディテールⅠ 


    真鍮製取っ手3

    ベージュの大判タイル、レンジ前は大理石モザイク
    引き出しの面材はラーチ合板無塗装という組み合わせ
    全体のトーンは温もりのある色バランスです。

    この場合どのような取っ手を選ぶとよいでしょうか。
    引き出しの取っ手は数多く付くので
    主張しすぎる形や色だと気になります。
    また、繰り返しハードに使う部分、
    爪やアクセサリーがぶつかります。
    手の油や塩分が直接触れたり、
    食材や水がはねる場合もあります。

    我が社で一番よく使うのがこのS邸で使っているタイプです。
    真鍮製で使うほどに、だんだんといい味わいに黒ずんできます。
    少し値段は高めです。
    メッキのタイプは値段が安いのですが、小さな傷からはげてきます。
    ガラスや陶器のものは割れやすいです。
    アクセサリーのような感覚でおしゃれ感だけで選ぶと失敗します。

    ちなみにこの取っ手は縦にして開き扉にも使います。
    家中の色々な部分使いまわしても嫌味にならず重宝します。

    経年変化、使い込むほどに味の出る真鍮製の取っ手はナチュラル
    な家にピッタリのアイテムの一つです。


    ② キッチン2

    ③ キッチン3

    Posted on 2013/04/17 Wed. 05:00 [edit]

    category: 家づくり Lesson

    thread: 住宅・不動産  -  janre: ライフ

    TB: 0    CM: 0

    17

    コメント

    Comment
    list

    コメントの投稿

    Secret

    Comment
    form

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://planboxstyle.blog.fc2.com/tb.php/125-129be721
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    Trackback
    list

    BS blog Ranking
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。