現在、家作りを進行中の皆様。 夢が広がり、ウキウキワクワクしていますか?
    もしも、不安やストレスでヘトヘトだったり、がっかりして気分がへこみそうだったりしたら家づくりの方法が間違っているかもしれません。
    一生に何度もない家作り、肩に力が入り過ぎ、Web、雑誌、ハウスメーカーなど膨大な情報に翻弄され、当初の想いと異なる方向に迷い込むこともよくあります。
    スタート地点であれば軌道修正はさほど難しくありません。計画中ならなおさら。
    家づくりの中心に自分や家族の一番大切にしたい事を、きちんと据えることです。
    「 大切なことは何ですか? 」 それが決まったら言葉や絵やイメージ写真という形で具体的に表現してみることです。
    同じような土地の広さや予算であっても夢がかなう方とかなわない方がいます。
    この「Lesson」では、多くの皆様に夢をかなえる家づくりを現実のものとしていただくための、具体的な情報を提供して参りますので、ご参考になれば幸いです。



    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

    category: スポンサー広告

    TB: --    CM: --

    --

    コスト削減の有効手段 条件の悪い敷地を活用し、敷地の弱点は建物でカバー 

      色んなアイデアで個性的な家づくりを実現
       建てる場所良い

    当たり前のことですが、敷地が不利な物件の方が、価格は安くなります。一方、条件が悪いからこそ、色々なアイデアが出て、限られたスペースをより有効に活用したり、こだわった工夫をしたり、より個性的な家ができる例が多いのです。
    土地の価格は条件とのバランスで決まり、コスト削減でもっとも大きな要因となります。条件が悪い、敷地が考えているより狭い・・・など。 であれば、マイナス面を逆手にとってプランと設計に知恵を絞り、他にない個性的な家を建てることを楽しむことです。
    狭いなりに開放感をどう演出するのか、限られたスペースの中で心地よい広さを演出し、光を取り込む仕掛けをどうするのか・・・・ 無限に色んなアイデアが出てくるものです。家づくりの醍醐味の一つと言えます。
    ジメジメとした場所でも、きちんと防湿対策を施せば問題はなく、明るく快適な場所からの良い環境を取り入れることにより、設備費のランニングコストを抑えることもできます。
    また、自分の敷地内に十分な庭が確保できない場合は、プランニングの上で、敷地外の景色を積極的に取り入れる(借景)工夫をしたり、例えば隣が公園であれば、どの緑を眺めるようにする(プライバシー対策の上で)とか、色んな発想が浮かできます。この借景については、設計段階で色々と考えるのもおもしろいものです。例えば、隣に公園があれば、公園の緑をわが家の庭のように取り入れます。プライバシーの問題をきちんと解決することが前提ですが、2階リビングなどは、借景としての窓の先の風景も大変重要です。計画の前に自分の手でカルテを作ってみましょう。朝、昼、夕方と時間によって変化しますから、何回か足を運んで確認する必要があります。住んでいる場所での建て替えの場合も、第三者的な見方で客観的に確認してください。 長年の思い込みで意外と大きな魅力を見過ごしていることがあります。 
    注意したいのは、駐車場などでは建物が建つ可能性があります。古い家屋の庭も同様です。そうなった場合の対応も織り込んでおく必要があります。また、周囲の法的な基準にも目を向けて計画することが大事で、3階建てが建つ地域なら、周囲にも3階建てが建つことを予定するぐらいの考えが必要です。
    旗竿地

    また、大きな土地を分割して販売する場合、上記のようなまわり四方をすべて隣家に囲まれた旗竿の形をした物件も出ることがあります。 日当たりや風通しが悪いというイメージが強く、その地域の相場よりかなりお買い得感があります。
    この旗竿地が悪い条件の土地なのか・・・ というと 一概には言えないのです。確かに日当たり、眺望がよくない、外観が見えない、出入りで隣家の横を通るというデメリットはあります。しかしそのデメリットはプラン、設計によって、ほとんどが
    解消されるのです。むしろメリットとして、当然価格の問題、そして、静かであり、子供が飛び出しても危なくない、建ぺい律、容積率で有利な場合が多いなどがあります。
    以下のお宅は、間仕切りのないLDを2階においた3階建て。リビングには広々としたデッキもつくり、さらに開放感を高めています。また、中庭も静かで、アウトドアのプライベート空間となっています。敷地条件が限られていても、生活空間を上へと延ばすことで快適な暮らしは実現できます。周囲の建物にさえぎられないで光や風をたっぷりと取り入れることができる住まいとなっています。

    旗竿地家


    O邸宅


    Posted on 2013/02/01 Fri. 18:07 [edit]

    category: 家づくり Lesson

    thread: 住宅・不動産  -  janre: ライフ

    tag: ナチュラル  自然素材    注文住宅  無垢  シンプル 
    TB: 0    CM: 0

    01

    コメント

    Comment
    list

    コメントの投稿

    Secret

    Comment
    form

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://planboxstyle.blog.fc2.com/tb.php/11-696645b7
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    Trackback
    list

    BS blog Ranking
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。