現在、家作りを進行中の皆様。 夢が広がり、ウキウキワクワクしていますか?
    もしも、不安やストレスでヘトヘトだったり、がっかりして気分がへこみそうだったりしたら家づくりの方法が間違っているかもしれません。
    一生に何度もない家作り、肩に力が入り過ぎ、Web、雑誌、ハウスメーカーなど膨大な情報に翻弄され、当初の想いと異なる方向に迷い込むこともよくあります。
    スタート地点であれば軌道修正はさほど難しくありません。計画中ならなおさら。
    家づくりの中心に自分や家族の一番大切にしたい事を、きちんと据えることです。
    「 大切なことは何ですか? 」 それが決まったら言葉や絵やイメージ写真という形で具体的に表現してみることです。
    同じような土地の広さや予算であっても夢がかなう方とかなわない方がいます。
    この「Lesson」では、多くの皆様に夢をかなえる家づくりを現実のものとしていただくための、具体的な情報を提供して参りますので、ご参考になれば幸いです。



    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

    category: スポンサー広告

    TB: --    CM: --

    --

    家族の色(今月号のプラスワンハウジング) 

    小さな頃、色々なお友達の家にあそびに行き、
    それぞれの家の空気の色が違うことを面白く感じていました。

    建物や室内のデザイン的な色とは別で、
    漂う匂いのように形のない色です。

    建築が終わって数年経ってお訪ねすると、
    引き渡した時にはない空気の色が感じられます。
    これは、住んでいる方の持っている空気の色、
    ご家族の色だと思います。

    プランボックス施工写真


    今月発売された雑誌に掲載されているK邸のお話です。

    奥様が設計を始める時に、
    『これがイメージです』と見せていただいたのが、
    クマの家族の日々をモチーフにした可愛い絵本でした。

    最初は『この本の何がイメージなのかな?』と思ったのですが、
    だんだんそれが『家族の色』のこと、と理解できました。
    あったかくて素朴、
    でもどこか、こざっぱりとしていてクール。

    撮影の日、黄色い花をキッチンに飾られていた奥様。
    『我が家に似合うと思って。』と

    実はその日,私も撮影用に黄色いチューリップを持参。
    ヒマワリのような強い黄色ではなく、
    やさしくて、ちょっとクールなきいろです。

    Kさんご家族の色に、よく似合うと感じたから。
    言葉ではあらわしにくい、『なんだか』の感じです。

    IMG_3426.jpg

    全開のチューリップが日本ではあまり好まれません。
    でも,私はここからが好き。
    何度も開いたり閉じたりを繰り返し、
    花びらの色があせて透けてくるまで楽しみます。
    全く別の花のように劇的に変化するのです。
    捨てないで、お試し下さい。


    ID:avoud1

    スポンサーサイト

    Posted on 2016/04/28 Thu. 10:10 [edit]

    category: 家づくり Lesson

    TB: 0    CM: 0

    28

    BS blog Ranking
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。