現在、家作りを進行中の皆様。 夢が広がり、ウキウキワクワクしていますか?
    もしも、不安やストレスでヘトヘトだったり、がっかりして気分がへこみそうだったりしたら家づくりの方法が間違っているかもしれません。
    一生に何度もない家作り、肩に力が入り過ぎ、Web、雑誌、ハウスメーカーなど膨大な情報に翻弄され、当初の想いと異なる方向に迷い込むこともよくあります。
    スタート地点であれば軌道修正はさほど難しくありません。計画中ならなおさら。
    家づくりの中心に自分や家族の一番大切にしたい事を、きちんと据えることです。
    「 大切なことは何ですか? 」 それが決まったら言葉や絵やイメージ写真という形で具体的に表現してみることです。
    同じような土地の広さや予算であっても夢がかなう方とかなわない方がいます。
    この「Lesson」では、多くの皆様に夢をかなえる家づくりを現実のものとしていただくための、具体的な情報を提供して参りますので、ご参考になれば幸いです。



    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

    category: スポンサー広告

    TB: --    CM: --

    --

    『なんで、家をつくるのか?』の答え 


    このブログを読んでいる方の中には
    すでに家づくりを終え,プロセスを懐かしみながら、
    ゆったりしている方も多いと思います。

    でも,やっている最中は必死でしたよね。
    汗だくになって土地を探し資金繰りをし、
    色々調べてパートナーをみつけて、
    夢中になって現場に行き、悩みながら素材を決め、
    できるかどうかとハラハラしながら自主施工。

    こんなにしてまで、なんで家をつくるのでしょうか?
    と途中で思ったことがありませんか?

    今、雑誌の原稿を書いていまして、
    これから、という人にその答えをお伝えしようとしてます。
    でも、うまい言葉が見つからない。

    きっとその答えは全力で家をつくった人にしかわからないし、
    他の人に伝えることができないような気がします。

    それで一つの実際あったエピソードをお伝えし、
    ヒントにしてもらおうと思いました。
    家づくりに参加してくれた小学6年生の男の子のお話です。

    彼にとって家づくりはとても強烈な印象だったみたいです。
    なにせ大人が本気でオロオロしてしているのですからね。
    シュミレーションゲームの世界ではなく現実です。

    自分の部屋の壁塗りは自分で、と張り切ってやったものの
    うまく珪藻土が塗れなくてクローゼットに隠れて泣きました。

    作業が長引き、夕ご飯のために家族でいったん外へ。
    そして、現場に戻ろうとしました。
    すると、思いがけず、遠くから、
    灯りがポツンとついた作業中の自分の家が見えたのです。
    それを見て、彼は思わず『あ、自分ちだ』って叫んだのです。

    子供が育つってこんな瞬間なんだなと思いませんか。
    そして、彼はラッキーにも6年生にして
    『なんで、家をつくるのか?』
    の答えをみつけたように思うのです。

    さて、伝えられたかなー。

    お話の家ではありませんが、内田邸の工事中の写真です。
    夕暮れに撮った写真があったので使わせていただきました。
    終盤になって、灯りがともる瞬間は本当に美しくて感動です。
    IMG_0048.jpg
    ID:avoud1

    スポンサーサイト

    Posted on 2015/10/22 Thu. 14:28 [edit]

    category: 家づくり Lesson

    TB: 0    CM: 0

    22

    小さな畳敷きの書斎コーナー 

    キッチンやダイニングまわりに
    人は集まりやすいです。
    自然とお母さんがいつもいる場所に集います。
    おいしいお菓子とお茶の匂いも魅力的。

    我が社ではダイニングまわりが
    家中で一番の居心地いい場所にくるようにします。

    M邸ではそのダイニングと便利な位置関係に
    小さな畳敷きの書斎コーナーを作りました。
    こんなプランです。
    6
    畳コーナーの床の高さをイスの高さ位にしたので
    腰掛けると、ちょうどの目線が合います。

    2

    振り向いて話しやすいよう背もたれのないベンチ。
    ベンチもテーブルもMさんのご実家にあった無垢材です。
    素朴でぬくもりのある木が畳にマッチしています。

    3

    畳コーナーの壁際は足が入るように彫り込まれていて
    カウンターで勉強や仕事がしやすいです。

    1

    奥の壁にはフックをつけて鞄をかけています。
    こうすると床に鞄がちらかりにくいです。

    4

    小さなお子様の遊び中のおもちゃがそのまんまでも
    ちょっと隠れているために気にならないです。

    『そろそろ片付けなさい!』
    という声がけの回数は減ったのではないでしょうか。

    5

    人が集まりやすいダイニングやキッチンの回りにできた
    小さな書斎コーナーは人気で、とても繁盛しているようです。

    M邸はプラスワンハウジングの12号でご紹介します。
    よろしければ店頭でもご覧下さい。

    ID:avoud1

    Posted on 2015/10/08 Thu. 23:59 [edit]

    category: 家づくり Lesson

    TB: 0    CM: 0

    08

    BS blog Ranking
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。