現在、家作りを進行中の皆様。 夢が広がり、ウキウキワクワクしていますか?
    もしも、不安やストレスでヘトヘトだったり、がっかりして気分がへこみそうだったりしたら家づくりの方法が間違っているかもしれません。
    一生に何度もない家作り、肩に力が入り過ぎ、Web、雑誌、ハウスメーカーなど膨大な情報に翻弄され、当初の想いと異なる方向に迷い込むこともよくあります。
    スタート地点であれば軌道修正はさほど難しくありません。計画中ならなおさら。
    家づくりの中心に自分や家族の一番大切にしたい事を、きちんと据えることです。
    「 大切なことは何ですか? 」 それが決まったら言葉や絵やイメージ写真という形で具体的に表現してみることです。
    同じような土地の広さや予算であっても夢がかなう方とかなわない方がいます。
    この「Lesson」では、多くの皆様に夢をかなえる家づくりを現実のものとしていただくための、具体的な情報を提供して参りますので、ご参考になれば幸いです。



    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

    category: スポンサー広告

    TB: --    CM: --

    --

    リビングを小さくしてもカフェ風ユーティリティーを1  


    pk11.jpg

      プラスワンハウジングの4月号に向けての撮影です。

      引き渡し時、自主施工部分がタップリあったので
      完成のご報告は一年後位になるな~って思ってました。

      ソロソロ一年だな、と思っておうかがいしたら、
      なんと、その間にご家族がお一人増えてました。
      まだ生後三ヶ月です。
      自主施工の出来ばえも、新しい赤ちゃんにもビックリ。

      K邸は、ご夫妻ともお仕事されているので、
      家事をこなす時間は限られています。
      なるべく家族と一緒に過ごしながらリラックスした
      家事をしたい。というのが主題でした。

      我が社でおなじみのスタイルのウエルカムキッチンの横に
      広めのユーティリティーを計画しました。
      洗濯機も置き、室内干しもタップリできる4.5畳のサイズ。
      コンサバ風に壁を板を貼りオシャレにすることで
      カフェのようです。花や観葉植物もよく似合う。
      
      ❤  ウエルカムキッチンとは…
         人が入ってくる方向にキッチンを対面させ、
         「  いらっしゃいませ 」 と
        出迎えるスタイルのキッチンです。

      次回へ続きます。➻➻
    pk3.jpg




    スポンサーサイト

    Posted on 2014/02/25 Tue. 00:00 [edit]

    category: 家づくり Lesson

    TB: 0    CM: 0

    25

    フィットしてる「我が家」をどうぞ。 


    yt1.jpg

    フイットしている靴を履くととっても心地よい。
    体が軽くなって、どこまでも歩きたくなる。
    面白い寄り道をたっぷりして素敵なお土産がどっさり。

    フイットしていない靴を履いてしまった日は最悪。
    サッサと用事を済ませたら無駄なことを一切せずに帰路につく。
    出かけた時のウキウキは消え疲れ果てて泣きそう。

    私にとって洋服よりずっと
    フィットする靴を探すのが難しい。
    大きくても小さくてもだめ、ブランドでも金額でも無い。
    他の誰かにピッタリでも私にもそうとは限らない。
    自分で色々履いて試してピッタリを探す。

    「我が家」もそんな感じだと思います。

    探して、迷って、試して、ということをして
    やっとピッタリに出会える感じです。

    お住まいになってから、
    「ピッタリで居心地いいです」
    とご報告いただけると本当に嬉しい。

    フイットした靴を履いて歩くみたいに
    軽やかでお土産たっぷりな毎日をどうぞ。

     インテリア写真はY邸
    13年前に設計させていただいた家です。
     年季が入ってもフィットしている心地よさは古びません。

    yt2.jpg


    Posted on 2014/02/21 Fri. 05:00 [edit]

    category: 家づくり Lesson

    TB: 0    CM: 0

    21

    タフな植物が好きです。 


      どんな植物が好きかと聞かれると、
      タフな植物と答えます。
      美しくても、繊細で手入れに悩むようなタイプは苦手。
      お店でも店員さんにそのあたりのことを必ず聞きます。
      タフというのは「元気でごきげん」であるということです。
      水やりを多少サボろうと、温度差があろうと、
      ドンとこいです。 
      我が社のタフな植物をご紹介。
      見てくれは地味、しかし付き合いがいのある奴らです。

      ✿ 切り花は春に向けて生成り色。
    pl1.jpg
      切花はこの時期暖房に耐えるタフなものをチョイス。
      少なくても2.3週間はもたせたい。
      八重咲きチューリップは閉じたり開いたりしても
      散りません。
      ソラ豆はどんどん巻き毛を伸ばし成長します。
      スプレーバラは根を出すこともあるほど、根性があります。
      スイトピー、アストロメリア、フリージアは定番の丈夫さ。
      よくもつ生花は冷蔵ケースを使わない花屋で買うのがコツ。
      よく売れる証拠で仕入れが頻繁です。
      店頭でのバケツ売りがベスト。
      美しい花の冷蔵ケースから買うのはちょっと危険。

      ✿ 鉢植えのピンクの花のシクラメン。
    pl2.jpg
      7年ものです。一度も栄養を与えてないです。
      最初買った時はすごく晴れがましい華麗な花でした。
      シクラメンらしく派手でちょっと苦手でした。
      しかし、歳月とともに原種に戻ったのか花は小さく
      可憐になった。
      葉っぱが元気でグッとナチュラル。
      夏は完全に水やりストップ。からからにします。
      小さな葉っぱが冬至のあたりから出てきて
      春分まで毎年咲く。
      花芽が出てくると「久しぶり」と挨拶したくなる。
      水は一週間に一度です。

      ✿ 小さなまん丸のモサモサはエアープランツ
      南米に行った時おびただしい量のこれが
      木に引っかかったり、地面をコロコロしてました。
      空中から水分とっているので、水はほとんどいりません。
      ✿ 枝の先に葉をつけているのはシェトレラコンパクタ
    pl3.jpg
      10年もの。
      枝の色んなところから小さな葉が出て、
      気温や日照が少ないとその葉は散ります。
      しかし好みの気候のときには散らずに大きくなる。
      出たとこ勝負っぽく、自由な感じが好きです。
      地味だが緑の花も咲く。10年間で3回咲きました。
      どうゆう周期なのか謎。
      旅先で大木になっているのを見つけた。あれは100年もの?

      ✿ 大きなモッサリはコウモリラン
    pl4.jpg
      ランと言っても、しだの仲間とのこと。
      気温が低いとしょんぼりするが温かいと元気です。
      これも水やりはあまり要らないみたいです。
      まだ、付き合って一年目です。
      根元からオズオズと小さな葉っぱが出てくる。
      最近、迫力が出てきましたね。

      鉢物は何年も付き合うとなんだか仲間のような気分。
      表情があって見飽きない存在です。

    Posted on 2014/02/17 Mon. 05:00 [edit]

    category: 家づくり Lesson

    TB: 0    CM: 0

    17

    散らかっていても素敵な家をめざしたい。 


    chi1.jpg
     

    「お客様がいらっしゃるから今日は散らかさないで」
    と、お子様に声がけしてるとしたら、
    それは少し残念だなと思います。

    ダイニングテーブルにお皿が出っ放しでも、
    キッチンが調理の真っ最中でも、
    リビングで家族がダラダラくつろいでいても、
    子供のオモチャや本が散らかってても、
    家は素敵であるべきです。

    イタリアの最高モードのキッチンを入れた主婦が
    キッチンを汚さないためほとんどを外食ですます。
    なんて、笑い話がありましたが、
    散らかさずに暮らすことはある種のストレス。
    心地よい家とは言えません。
    散らかっている時をメインにデザインすべきです。

    散らかってても素敵な家にするコツをあげてみました。

     ☝ 自分の家で散らかるものを調べてその素材感に
       マッチしたインテリア素材にしておく。

     ☝ そこにしまうのが面倒になる複雑な収納をやめ、
       なるべく使っている場所にそのまま置けばよくする。

     ☝ 思い切ってダサいと思う、家具、、食器、調理器具、
       小物 を捨てて、オシャレと思う好みの物だけ
       使うことにする。

     ☝ 徹底的にゴチャゴチャさせるところと
       スッと余白を感じさせるところのメリハリを意識する。

     ☝ 窓や棚を必要以上につけない。

     ☝ 気にしない。

    「お客様がいらっしゃるけど、そのまんまでよいからね。」
    なんて、余裕でお子様に声がけできる、
    ちらかってても素敵な家をめざしていただきたいです。

     例えばこんな感じ 
      ❤ 理科の実験用のシンクでオシャレな演出
      ❤ 廊下を利用した長いホビールーム
      ❤ ダイニング横のスタディルーム

    chi2.jpg 

    Posted on 2014/02/13 Thu. 05:00 [edit]

    category: 家づくり Lesson

    TB: 0    CM: 0

    13

    「 リフォームで、                  自主施工デビューしてみませんか ? 」 


    JH.jpg
     

    我が社はここ3.4年で自主施工される方が増えました。
    自主施工のエリアもドンドン拡大化してきました。

    珪藻土を子供室など一部のみだったのが家中になったり、
    床の石やタイルを家中貼ったり、
    建具、窓枠、キッチンを全て自主塗装したり、
    ダイニングテーブルやキッチンを作ったり、

    なにせ、いざとなったらプロが控えていて
    費用さえ払えばサッとプロ施工してくれますしね。

    業者さんの温かい見守りにも支えられ、
    刷毛や大工道具持つ初心者がトライできる。
    そして、ご自身の思いがけない力に気づき
    ハマってしまう方も。

    自主施工をされた皆さんが口を揃えておっしゃるのが、
    後々のリフォームが自分で気軽にできて楽しみということ。

     「珪藻土の壁を子供が汚してもすぐ手直しする」
     「キッチン天板の細かいタイル汚れたら1万円の材料費
       で気楽に貼りかえる」
     「飽きたらペンキを塗り替えサッと気分転換」
     「オープン棚を引き出しに工夫して変える」
     「ロフトの床を自分で張ってみる」

    そう、ご自分でされた方には素敵なプレゼントが送られる。
    お気に入りの家を、さらに自分らしく好みにできる
    「自主施工のリフォーム」の楽しさです。

    思えば、何百年も前に建造された古いヨーロッパの街に
    住む多くの方は何代にもわたり、自主施工リフォームに
    人生の楽しさを見出してきた。
    ヨーロッパの素敵なインテリア本はリフォーム事例ばかり。

    もちろん!新築時自主施工を一切されなかった方も
    勇気を出して!
    リフォームを機に自主施工に取り組むことが可能です。

     「リフォームで自主施工デビューしてみませんか?」

    写真の原さんはキッチンのタイル貼りや棚などの自主施工
    さらに、住みながら家中にドンドン手を入れ、今も進化中。
     自主施工関連過去記事 
      ❤ 施主 自主施工の実際 1
      ❤ 施主 自主施工の実際 2
      ❤ 自主施工 引き渡しの風景とプラン[前編
      ❤ 自主施工 引き渡しの風景とプラン[後編
      ❤ ナチュラルな建具のペンキ塗り
      ❤ 山口邸の思い出 Ⅰ(施主施工 [ DIY ] の例) 
      ❤ 山口邸の思い出 Ⅱ(施主施工 [ DIY ] の例)
      ❤ ロフト床を自主施工で延長


    Posted on 2014/02/09 Sun. 05:00 [edit]

    category: 家づくり Lesson

    TB: 0    CM: 0

    09

    BS blog Ranking
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。