現在、家作りを進行中の皆様。 夢が広がり、ウキウキワクワクしていますか?
    もしも、不安やストレスでヘトヘトだったり、がっかりして気分がへこみそうだったりしたら家づくりの方法が間違っているかもしれません。
    一生に何度もない家作り、肩に力が入り過ぎ、Web、雑誌、ハウスメーカーなど膨大な情報に翻弄され、当初の想いと異なる方向に迷い込むこともよくあります。
    スタート地点であれば軌道修正はさほど難しくありません。計画中ならなおさら。
    家づくりの中心に自分や家族の一番大切にしたい事を、きちんと据えることです。
    「 大切なことは何ですか? 」 それが決まったら言葉や絵やイメージ写真という形で具体的に表現してみることです。
    同じような土地の広さや予算であっても夢がかなう方とかなわない方がいます。
    この「Lesson」では、多くの皆様に夢をかなえる家づくりを現実のものとしていただくための、具体的な情報を提供して参りますので、ご参考になれば幸いです。



    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

    category: スポンサー広告

    TB: --    CM: --

    --

    家事をシンプルに美しく楽しむ           北欧テイストの家 by プランボックス 


    kodawa1.jpg


      12月発売のプラスワンハウジング(主婦の友社)
      掲載予定のT邸です。

      『困難に負けずに家づくりされた方』というテーマ

      家事をシンプルに美しく楽しみたい。
      Tさんが北欧のインテリアに惹かれる理由は
      そこにあります。
      その実現に向け、絶対にゆずれないこだわりは
      家の隅々にわたりました。

      予算や規模は無制限では無い。
      日々が取捨選択の連続だったと思います。

      しかし、あきらめない粘り強い奥様。
      奥様のこだわりによりデザインに
      目覚めたというご主人。
      その変身ぶりは会社のご同僚達も
      目を見張るほどだったそうです。

      悩んでしまって答えが出せずに困った日々も、
      今は 素敵な思い出です。

      ❤ 以下の図は、クリックしてご覧下さい ❤

    kodawa3.jpg

    kodawa2.jpg


                  
    スポンサーサイト

    Posted on 2013/10/28 Mon. 05:00 [edit]

    category: 家づくり Lesson

    TB: 0    CM: 0

    28

    「子供が育つ家」大切に見守りたい自我         by プランボックス 


    kodomo1.jpg


      12月発売のプラスワンハウジングで取材予定のS邸。
      テーマは「子供が育つ家」です。
      Sさんご夫妻はどちらも研究者で、
      大学で子供の保育や教育をする方への
      指導をされている方達です。

      S邸では、家を作るにあたり、
      子供室を個室で作ることは考えませんでした。
      そのかわりに皆の使える勉強スペースに
      きちんとした各自のコーナーを確保しました。

      子供は2才位になり、自我が目覚めてくると
      自分の持ち場や持ち物を意識し始めるそう。
      それをちゃんと皆が認めてあげることが、
      将来自信を持ってやりたいことができるように育つ
      決め手になるそうです。

      それは、一つのコーナーでも、一つの箱でも良いとのこと。
      孤立した場所に閉じ込めるのでは無く、皆でそれを見守り、
      それに何気なく皆が関わり、
      興味を持ったり話を聞いたりするのが大切とのことでした。

      二階にあるプレイルームは面白い形で、コーナー使いや
      全体使いができるワクワク感があります。
      子供の好きなグルグル回りも自由です。

      個室は作らず、皆のスペースの中の個の場所で
      じっくり興味に取り組むお子様達を温かく見守れたり、
      体を使い、のびのびと自由な発想で遊べるプレイルーム等、
      ご夫妻の理想の形がそのままシンプルにプランに
      なりました。

      家の中で子供の育つ場所の参考例としてご紹介します。

      ❤ 以下の図は、クリックしてご覧下さい ❤

    kodomo2.jpg


                

    Posted on 2013/10/25 Fri. 05:00 [edit]

    category: 家づくり Lesson

    TB: 0    CM: 0

    25

    朱赤のダリアを 


    dali2.jpg

     八ヶ岳のバラクラ イングリッシュガーデンで
     ダリアの球根をチェック。
     やはり、ダリアは赤のグラデーションが綺麗ですね。
     微妙なニュアンスに見とれます。

     今まで植えるのは野草のような
     白やブルーの小花がほとんどで
     あまり赤を選びませんでした。
     バラでも一番好きなのは緑がかった白。

     しかし、今回は思いきって、庭に、
     ダリアの朱赤を選んでみようと思います。

     赤は特別な色。
     我々が動物のように暮らしていた時代、
     熟した赤い木の実を求めて雪の中をさまい、
     それを見つけてホッとしたのではないでしょうか。
     赤を見ると思わず気になって、
     それが何かを知りたくなってしまうのです。

     そんな理由で
     10年前に我が社のパンフレットを作った時
     そのカバーの色を「赤」にしました。
     それも少し黄色味を混ぜた「朱赤」に。

      鮮やかな赤は特別な色、家作りに悩んでいる人に
     遠くから見つけてホッとしてもらいたかったから。

     ホームページなどもでき、このパンフレット
     現在はほとんど活用してませんが、
     ご興味のある方にお譲りします!

     ホームページにはない古い作品が6件ほど入った
     写真のみのパンフレットです。

                  

    Posted on 2013/10/23 Wed. 05:35 [edit]

    category: Essay

    TB: 0    CM: 0

    23

    公園に面した旗竿敷地                 by プランボックス 


    ga00000.jpg




     ガーデンを楽しみながら、日々を過ごしたいというご夫妻。
     この土地を見られた時、ひらめきがあったそうです。

     旗竿敷地なのですが、旗竿の部分が全て公園に面していて、
     そこが、緑の豊富なガーデンアプローチになりそう。
     さらに、公園に面した南に小さいながらも
     日当たりの良いガーデンが可能そうだと。

     このように、土地を見た途端、一目惚れして
     それが手に入る例は珍しい。
     プランもコンパクトながら、
     公園とガーデンとの楽しみをとらえたものに。

     土地を見た時にひらめいた魅力を
     さらに引き出そうと、今、家づくり続行中です。

     N邸のPLAN POINT

     あえて公園に接する間口を縮めないように
     玄関を正面の土間から入れました。
     土間は吹き抜けで光があふれます。
     ダイニングキッチンはウエルカムスタイル。
     公園に面したガーデンに抜けるドアがあります。
     水回りはキッチンから便利につながる位置。
     共稼ぎのご夫妻の家事の負担を軽くする配慮です。
     スタディーコーナーはどこからも入れて利用しやすい。
     様々な見どころをちりばめた小住宅のプランです。


      ❤ 以下パースは、クリックしてご覧下さい ❤

    ga111.jpg

    ga22.jpg

    ga33.jpg

    ga44.jpg
                  

    Posted on 2013/10/19 Sat. 05:00 [edit]

    category: 家づくり Lesson

    TB: 0    CM: 0

    19

    かぼちゃでホッコリ 


    pump.jpg

       かぼちゃを街で多く目にする季節ですね。
       ディスプレイに使うショップも多いです。

       「お菓子くれないと、いたずらしちゃうぞー」
       可愛いオバケが街にあふれる
       ハローウィンですっかりおなじみになりました。

       かぼちゃは黄色いものから緑のものまで
       驚くほどの種類があって、形や味も色々。

       カゴにかざって楽しんで、
       ポタージュにして楽しんで、
       天ぷらで楽しんで、サラダで楽しんで、
       プレゼントにしたり、
       けっこう便利な野菜です。

       みつけると多めに買って
       色んなところに転がしておく。
       けっこうホッコリしてなごみますよ。


                  

    Posted on 2013/10/17 Thu. 05:00 [edit]

    category: Essay

    TB: 0    CM: 0

    17

    BS blog Ranking
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。