現在、家作りを進行中の皆様。 夢が広がり、ウキウキワクワクしていますか?
    もしも、不安やストレスでヘトヘトだったり、がっかりして気分がへこみそうだったりしたら家づくりの方法が間違っているかもしれません。
    一生に何度もない家作り、肩に力が入り過ぎ、Web、雑誌、ハウスメーカーなど膨大な情報に翻弄され、当初の想いと異なる方向に迷い込むこともよくあります。
    スタート地点であれば軌道修正はさほど難しくありません。計画中ならなおさら。
    家づくりの中心に自分や家族の一番大切にしたい事を、きちんと据えることです。
    「 大切なことは何ですか? 」 それが決まったら言葉や絵やイメージ写真という形で具体的に表現してみることです。
    同じような土地の広さや予算であっても夢がかなう方とかなわない方がいます。
    この「Lesson」では、多くの皆様に夢をかなえる家づくりを現実のものとしていただくための、具体的な情報を提供して参りますので、ご参考になれば幸いです。



    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

    category: スポンサー広告

    TB: --    CM: --

    --

    10年間の暮らしの変化を予測する  

    暮らしの変化に対応し、住みながらつくって行くことがおすすめ

    ステップ❸     ステップ❷     ステップ❶
    家の変化

    人の暮らしは、特に家族構成の変化で変わってきます。当然、加齢や経済状況の変化もあり、暮らしぶりが必ず変わります。
    とはいっても、20~30代の皆さんが、先の老後まで想定するには無理があり、趣味や嗜好、地域でのお付き合いも変化します。
    そこで、家づくりにおいては、10年単位で考えていくことが現実的と言えます。10年間楽しめるプランであれば、目標が明確になり、色んなアイデアも浮かんできます。設備機器についても10年前後の見直しサイクルが経済的と考えられています。
    そして、新築時にすべてを作るのではなく、家族の増加などの暮らしの変化に対応し、柔軟に作り続けて行く、つまり、改築する考え方が大切です。そうすれば、新築時にあれもこれも完璧にすることはなく、直近の10年間に集中して、より快適な家づくりが実現できるはずです。

    上の間取りの図は、はじめから増改築することを前提としてプランした住まいの例です。家族構成の変化に合わせて、居住スペースを増やし、より快適に住めるように工夫されています。言ってみれば「家族と一緒に成長していく家」というわけです。
    最初は、ご夫婦ふたり暮らしに最低限必要な要素だけを備えた、コンパクトなタイプのステップ❶でスタートです。延べ床面積が小さければ、その分コストを抑えられますから、予算が少なくとも無理なく建てられます。しばらくして、経済的に余裕が出てきたら、ステップ❷のようにデッキと寝室を増築。 リビングダイニングにもゆとりが生まれ、暮らしやすさがぐんとアップし、豊かな暮らしができます。子供が二人になったら、子供部屋を増築して、サニタリーも環境の良い南側に移動。(ステップ❸)。 家族みんなが暮らしを楽しめる充実したマイホームに仕上げていくのです。
    このように、新築時にすべて完璧につくり揚げる必要はないのです。 その時々の暮らし方、家族構成に合わせて、フレキシブルに住みこなせる工夫が大切です。
    新築時の予算が少ないなら、「いずれ経済状態が豊かになった時にリフォームすればいい」と割り切ってしまえば、肩の力も抜けて、今の暮らしをよりエンジョイすることができます。


     
    家族 木
    スポンサーサイト

    Posted on 2013/01/29 Tue. 16:42 [edit]

    category: 家づくり Lesson

    thread: 住宅・不動産  -  janre: ライフ

    tag: ナチュラル  自然素材    注文住宅  無垢  シンプル 
    TB: 0    CM: 0

    29

    ナチュラルな家づくりは、大量生産品では高くつく 


    自然素材、ナチュラルな家は、自由度の高い注文建築が最もリーズナブル

    「注文建築で、素材やデザインにこだわり、健康的、ナチュラルでシンプルな家を建てみたい」と思う皆さんが全国に大勢いらっしゃいます。

    「設計事務所にお願いして、無垢木材、珪藻土・・・ 高くつくんだろうなぁ~。」
    ・・・が、大手ハウスメーカーさんの住宅に比べてみて、決して高くないのが事実。
    ナチュナルな家づくりに興味のある方は、大手メーカーさんに行く前に、一度気軽に相談してみてください。後でも結構です。

    理由はいくつもありますが、一番のポイントは、プランニングの段階で予算と条件、今後の暮らし方、必要なもの、こだわりたいものを十分に確認した上で、いくつものプランを検討できるからです。
    無駄や過剰なものを極力排除し、必要な空間、ものにコストを配分するのです。また、予算に合わせ、将来的に増築するプラン、場合によっては、DIYで工事をしたり、安い部材を自分で捜したり、コスト削減への知恵と工夫は驚くほどあるのです。

    このブログでは、プランボックスが蓄積した最も重要なプランニング(設計ほか)と予算を有効活用するコスト削減の手法を柱に、後悔、失敗しない、満足度の高いナチュナルな家のポイントをお伝えしたく考えています。

    ナチュラル家づくりトップ

    Posted on 2013/01/29 Tue. 12:59 [edit]

    category: 家づくり Lesson

    thread: 暮らし・生活  -  janre: ライフ

    TB: 0    CM: 0

    29

    プラン ~ 設計 ~ 見積もり が最大の鍵 


    敷地の空きも物語に

    家づくりをされる皆さんの中には「できるだけこだわった素材、デザインで家族の満足する家を作りたいという」想いを持っている方もいらっしゃいます。一方、現実的には、それぞれ限られた予算があるわけです。
    家づくりは、私たちにとって一大プロジェクトであり、また“黒船”のごとく巨大であるが故に、平常心を保って冷静に考えるというのは難しいかもしれません。
    例えば、既に頭の中にイメージができあがって、いきおい細部の仕様に目が行きがちだったり、もしかしたら非日常的ものにこだわったりと・・・
    もっとも大切なことは、グランドデザインです。 つまり間取りプランをじっくりと検討すること。あせらずに、何度も考えるうちに冷静にもなれ、また、よく考えた結果に納得もします。設計側に無理を強いているいるわけではありません。
    なにせ、この段階でコストも含めて家づくりの80%が決まってくるのですから。この後の間取りプランの変更にかかる労力は大変なものなのです。
    ステップ
    家に求めるものが少しずつ明確になってきたら、どんな空間でそれを実現するのかを考えてみましょう。いきなり立体的な“空間”をイメージするのは難しいかもしれません。 まず、雑誌その他の住宅の写真をみてイメージづくりをすることです。外観もインテリアも、たった1枚の写真でいいです。「これが理想に近い」というものを見つけてください。空気感をつかむための素材ですから写真でなく、絵でも結構です。たくさん集めてみて、その中に共通するものがみつかれば、成功、イメージはかなり固まっていると言えます。
    他にも、インテリアのアイテムから順々にイメージを広げていく方法も有効です。スタートは家具からです。「こんな無垢材のテーブルで食事をしたい」「こんなソファーで寝転んでテレビをみたい」 など使いたい家具を先に見つけて、それに合う空間を考えるのです。
    次に、食器や雑貨、素朴な手びねりの茶器か、ヨーロッバのブランドもののティーセットか、どちらを主役にするかによって、ダイニングのインテリアはまったく違うものになります。雑貨の中では、掛け時計が意外とキーポイントになります。どんなデザインの時計をどこに掛けるかを決めると、壁麺の量や仕上げ方をはじめ、インテリア全体の方向性が自然と決まってきます。 その次は素材です。木、石、タイル、アイアンなど、興味のあるものはできればサンプルを取り寄せ、実際に触って質感を確かめることが大切です。写真で質感や重量感を確認することはできません。
    こんな風にイメージをたどっていくと、インテリアプランはなんとなく見えてきます。そして、最後に空間を検討していくのです。自分が心地よい、家族が笑っている そんな空間を具体的にイメージすることです。例えば「実家の居間が一番くつろげる」 「あのカフェにいるとホットする」 など、そしてその空間がどうして心地よいのか、広さなのか、色調なのか、光の入り方なのか、家具のレイアウトなのか といったことを思い出し、明確にしていきます。
    急ぐ必要はありません。外観、インテリア、室内の空間、それぞれのイメージは、この段階ではバラバラでも問題ありません。逆に早い時点でまとめない方が、フレキシブルに、プランニングをすることができます。

    ここまでは、「ほしいもの(ウッォンツ)は何なのか?」を考えてきました。 ここから現実的に暮らしていくうえで「必要なもの(ニーズ)」を考えていきましょう。まず、予算が少なくても、土地が狭くても「ここだけはどうしても譲れない」と考える、新しい家に対するこだわり、核をはっきりと自覚する必要があります。
    「好きなものだけに囲まれている空間」は、何よりも心地よいものです。言いかえれば、「いらないものがない空間」ということです。あれもこれもと欲張ってしまうとプランもインテリアも、何よりも最初のテーマがぼやけてしまい、本末転倒といったことになり兼ねません。
    特に、ナチュラルな家づくりを目指すなら、無駄なものは極力省く勇気も必要です。シンプルモダンはそんな発想から実現します。余計な要素のないシンプルな空間で家具や雑貨がアクセントとなり、そこで暮らす家族が主役として存在感ある空間です。ダイエットと同じく、引き締まった空間づくりを目指しましょう。
    コスト
    そして、いよいよ予算とすり合わせて、現実的なプランの策定です。
    具体的な進め方は、自分のプランやインテリアについて書き出した要望を設計者や工務店に提出して、すべての項目に価格を提示してもらうのがベストです。すべてを実現、つまりフル装備ならいくらになるかをまず、見積もってもらいます。ほとんどの場合が予算をかなりオーバーし、建坪からもはみ出してしまうはずです。そこでその要望メモと見積もり書を見比べながら、それぞれの項目に優先順位をつけていきます。「これはどうしても必要なのか?」と家族と相談しながら、無駄を省いて行くプロセスです。
    この時、絶対に削ってはいけないものは、家族全員の楽しみにかかわる部分です。例えば、家族みんなで囲める広いキッチンカウンターか、休日のんびりできる外部のデッキとか、緑が見えるダイニングなど、何か絶対に実現したい、譲れないものを核とすることが重要です。体でいえば骨格にあたります。この核を中心に、新居の特徴、コンセプトを明確にします。
    おすすめするのは、優先順位の3位くらいまでを残し、残りは思い切ってバッサリと切り捨てることです。そうすると逆に予算面で余裕が生まれ、「後いくら使える」 「これを増やすことができる」といったプラス思考で考えれるようになり、思わぬ相乗効果(工夫や知恵)も期待できます。
    予算を有効に使い、質を下げずに無駄なものを省くというあたりまえのことが基本です。こだわるところを明確にした上で、コストをコントロールする、そのためにじっくりとプランを組み立ててきたわけです。
    よく坪単価○○万円という表示を目にしますが、家づくりには「定価」がないと考えるべきです。
    家は、多くの人が関わり、部材の使用、工事など非常に複合的な要素によって造られる総合的な創造物です。それぞれの仕様(内容)によってコストが大きく変わることは当然のことです。
    実際の家づくりにおいては、まず、十分検討したプランをもとに、設計図が作成されます。
    この設計図をもとに見積り書が作成され、総工事費が設定されます。
    そして、最も大切なことは、このプラン、設計の段階でコストがほほ確定するということです。
    当然、見積もり後の仕様変更や工事中の変更もありますが、おうおうにして思わぬコストアップになります。


    家づくの流れ 
    プランニング~設計~見積もり この段階こそ最も時間をかけて、冷静に検討することが家づくりで失敗しないための最大のポイントとも言えます。
     プランニングの参考 (以下拡大します) 
    プランニングの実際1   プランニングの実際2   プランニングの実際3    プランニングの実際4 

     設計の一例(一部) (以下拡大します) 
    1邸概算見用0620-3    2邸概算見用0620-4    3邸概算見用0620-1      4邸概算見用0620-2 

    インテリアスケッチの一部 (以下拡大します)
    インテリア1   インテリア2   インテリア3   インテリア4 
    インテリア5   インテリア6   インテリア7   インテリア8 

     見積書の一部(実際は50~70枚) 
    見積書1   見積書2   見積書3   見積書4 

     イメージの確認・調整用に造られる模型 
    mokei白2 mokei白 模型6    模型5

     プランニングの実際 (打ち合わせと修正・確認の繰り返し) 
    プランモデルAl プランモデルA1l  プランモデルA2  プランモデルBl 
      プランモデルCl  プランモデルDl プランモデルEl ⇒ プランモデルFl 
       プランモデルGl  ⇒  プランモデルH  プラン決定

     プランニングは、時間の許す限り妥協しないこと

     それが、後悔、失敗しない家づくりの最大のポイント


    Posted on 2013/01/28 Mon. 18:45 [edit]

    category: 家づくり Lesson

    thread: 住宅・不動産  -  janre: ライフ

    tag: ナチュラル  自然素材    注文住宅  無垢  シンプル 
    TB: 0    CM: 0

    28

     『 器 ( 形) 』 より、まず『 中身 (暮らし)』 

     家族がしたいこと  “わがまま”  “自然体”  を優先しよう 

    家こだわりライフカルテシート

    『器』(家の形)を検討する前に、まず『中身』(そこでの暮らし)を冷静に考えてみましょう。
    長年暮らす場所には、家族全員がストレスなく自然体で暮らせることが最大の条件です。そして、さらに、「これだけはほしい、こだわりたい」と言うわがままも大切です。何といっても大きな夢を実現することでもあるわけですから。
    よくありがちな例は、過剰な情報や色んな方のアドバイスで、本当に自分が求めているものが見えなくなり、中途半端な形になることです。
    せっかくの機会なので、じっくりと自分たちの暮らしと求めているもの、今後必要となるものを見つめ直して見ましょう。意外な思い込みがあったり、また、無駄を発見したり、暮らしそのもの、ライフスタイルを再構築するイメージです。
    このプロセスこそが、家づくりの核心とも言えます。 一生に何度も経験することではないのです。
    笑顔
    家づくりには、予算、敷地など色々な条件や制約があります。でも、スタート地点では、一度それを忘れて、本当に自分たちの求めるものを思い浮かべ、箇条書きで書き出してみましょう。例えば「明るく、広い2階のLDK、きっちんは対面式でタイル張り」などのように、先に「器(間取り)」をイメージするのではなく、「どんな暮らしぶりをするのか、どんな環境を作れば家族が幸せになれるか」を思い浮かべてみることです。家族が笑っているシーンや、晴れた日にベランダで洗濯物を干しているシーン、子供とお菓子を作るシーンなどその場の空気感をイメージすることです。大切なのは、特別な理想でなく、普段の暮らしの延長線にある新居での暮らしについて、肩の力を抜いて、素直な気持ちで考えることです。そして、新たな家に盛り込みたいもの、こだわりを少しずつ明確にしていくのです。
    これまで住んでいた家にもヒントはあります。子供の頃から今までを思い出してみて、楽しかったこと、感動したことなどの記憶をだどってみてください。実際にプランボックスが施主の皆様と打ち合わせする中で「実は、家の縁側で本を読むのがすきだった」とか「雨の日にお風呂で窓を開けて入るのが好きだった」とか、それぞれの方の原体験からくる、住まいに求める要素が見えてくるのです。
    とにかく、思い出したら、どんな形でも結構ですので、文章にしてみる。箇条書き、走り書きで十分です。思いついた先から書いていくことで、イメージが明確になり、さらに次の連想につながっていきます。落書き同様に自由に、絵も入れたりして、イメージをふくらませてください。よくある「広い」「あかるい」「かっこいい」といった単語以外の生活感のある単語がどんどん出てくるはずです。
    設計をお願いする方と打ち合わせする際、その要望をありのままにぶつけてみて、自分たちのイメージが伝わっているかどうか、それが自分たちの家の設計をお願いするパートナー選びのポイントです。20畳のLDKは対面式キッチンといった器(間取り)の話なら、どんな設計者、営業の方にも通じます。ただ、楽しかったシーンや心地よい空気感は、指向が似ているか、感受性の高い方でないと理解できないのです。ここで自分たちの家づくりの構想、ニーズ、ウォンツがきちんと伝われば、家づくりの80%は成功したと言えるほど重要です。
    ここでは、ご参考として、家づくりをプランする上で、どのようなポイントがあるのかを、PLANBOXで家づくりされる皆さんにお書きいただいている「家づくりルカルテ」をサンプルとして掲示します。 この機会に一度ご確認いただくのもよろしいかと思います。
    ここまで詳しいはできないかもしれませんが、イメージを持つことが大切です。 案外 ニーズ(既に顕在化している必要性)の他に、ウォンツ(潜在的に持っている欲求)を再確認されることが多いようです。
    とにかく、あくまで毎日の暮らしの延長線上に家があるということ、それを基に様ざまなシーンを創造し、必要な空間を考え、部品としての『器(部屋や形)』を検討し、さらにトータルとしての家を創造していくという、家づくりを楽しむ発想が大切です。
                 プランボックス
    家づくりカルテ

     家づくりカルテ記入例 (以下拡大します)
    カルテsamu0 カルテsamu1 カルテsamu2 カルテsamu3 カルテsamu4 カルテsamu5 

    Posted on 2013/01/28 Mon. 12:12 [edit]

    category: 家づくり Lesson

    thread: 住宅・不動産  -  janre: ライフ

    tag: ナチュラル  自然素材    注文住宅  無垢  シンプル 
    TB: 0    CM: 0

    28

    BS blog Ranking
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。